[思うままに] インターネット | Paradise City

Paradise City

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |

    セキュリティソフト変更しました

    ここ数年利用していた「ウイルスセキュリティZERO」から「AVAST!ANTIVIRUS」に乗り換えました。
    肝心のウイルス検知機能が「停止中」になってしまい「トロイの木馬」に感染してしまっていた・・・というのが一番の理由です。

    最近PCが激重で、もう立ち上げるのも10分近くかかるしネットは激遅だし、PC触るのも画像いじるのもネットに繋ぐのも気が萎えてしまっていて。
    「PCが変なのかな・・・」とZEROの管理画面を何気なくチェックしてみるとウイルス検知が停止中になっているではありませんか・・・。
    慌てて手動で検知機能を有効にしようとすると「有効にできません。一旦ウイルスセキュリティZEROをアンインストールし、再インストールしてください」というメッセージが。

    これ、以前、システム防御でも同じ症状が何度も出ていて、何度インストし直しても駄目だったんですよね・・・。
    そのときはあちらこちら検索して原因を探し当てたけど、結局その「原因」を何とかしないと、いくらメッセージ通りに作業しても改善されないんだよね。

    今回はウイルスセキュリティをアンインストールし、フリーソフトのAVASTでブートタイムスキャンかけてみました。そうしたらトロイ発見、ついでに駆除。
    安価とはいえ一応有料のセキュリティソフトがフリーソフトより頼りにならないとは・・・。

    ウイルス検知が不具合で停止してしまっては、一体なんのためのセキュリティソフトかわからないので、しばらくAVASTに乗り換えてみます。
    今のところ軽快に動いているし、かなり快適になりました。
    うちのPCが古いから重いんだろうとしか思わなかったのですが、どうやらそうではなかったみたいです。まあ、いずれにしてもPCが古くなってきているのは事実なんですが・・・だけどもうちょっと長生きしてほしいもんね〜。

    JUGEMテーマ:インターネット
    0
      [思うままに] インターネット | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

      一体何処からやってきたのか

      PCを使い始めた当初から、結構ウィルス対策には気をつけているつもりでした。
      ノートン アンチウイルスは長く使用していて特に不満はなかったのですが、毎年の更新料が結構馬鹿にならないなーと思い始め、乗り換えたのがウイルスセキュリティZERO。これは一度購入すると更新料がないし、動作も軽くていいかなと。

      これで問題なくやってきたのですが、先日PCのフルスキャンをしたところ駆除できないウイルスが入っていることが判明。それがどうも「トロイの木馬」らしく。
      しかも家に2台あるPCの両方とも同じウイルスが検出され。いつも使っていて特に挙動不審な動きはなかったのに、やられていたのか。ショック。トロイに侵入されたなんて、初めてだよ。
      あやしいサイトに行った覚えはないんだけど・・・メールの添付も問題なしだったはずなんだけど一体どこから・・・しかも同時に・・・
      大体、ウイルスが検出されているのにウイルスセキュリティZEROでは駆除も削除も隔離もできない。何でよ?
      そのトロイの木馬もどうやら最新バージョンらしく、簡単な駆除ツールは無い模様。
      とにかく処置できないと困るのでウイルスセキュリティを一旦アンインストールし、ほかのウイルスソフトを試してみることに。

      ウイルスバスターは実家のPCでトライアル版を使ったときに深刻な不具合があり初期化する羽目に陥ったことがあるので、ちょっとパス。
      フリーソフトながら評判の悪くないavast! antivirusを入れてみてスキャンしてみましたが、今度はウイルスの検出自体されず。
      自然消滅したのかもと楽観視したくなりましたが、もやもやした気分は晴れないので、これもアンインストールし、Kaspersky インターネットセキュリティの体験版をインスト。

      ウイルススキャンしてみたところ、トロイ発見。やっぱり、まだ居たのか(汗)avast! antivirusじゃ見つけることすら出来なかったというわけやね・・・。
      Kaspersky君は無事処理してくれたので、感激し乗り換えようかと思ったのですが、これ、ソフトが激重なんですね。
      PCの立ち上げに通常の5倍はかかるわ、普通に使っていても頻繁に「新しいモジュールを実行しようとしています 許可しますか?」というポップアップメッセージは出るわ、アプリケーションを実行するにも起動に時間がかかるわ、インターネットも重いわで。
      そして、これをインストした直後から「半角/全角キー」で文字入力の切り替えができなくなる(日本語に変換できず英語入力しかできない)に至っては、別な意味で頭をかかえました。「Alt+半角/全角」の組み合わせで何とか日本語入力ができるようになったものの、「」とか( )とかが出ないという。仕方ないので「かっこ」と日本語入力し変換していましたが、こんな面倒なことしていられるかあ(爆)
      この症状はどうもレジストリのDLLが「英語入力」に書き換えられていたからのようで、直接DLLをいじらないと治りませんでした。つうか、解決策に辿り付くまでにもかなり時間かかってるし。
      それを手動で改善し、何とか通常の操作ができるようになった頃、カスペルスキーでウイルススキャンしたところまた同じ症状が再発生。そんなあ・・・。
      ウイルススキャンするたびにレジストリの設定を書き換えられてはちょっとたまったもんじゃないです。
      アナタはとても優秀だけど、長いお付き合いはできないわ・・・という気分で、またまたアンインストール。

      次に行き着いたのがNOD32アンチウイルス。こちらは評判も上々だし、動作も軽快だし、いい感じです。
      これに乗り換えようかなー。毎年の更新料もそんなに高くないし、いいかも。
      トロイに襲撃されたのはどうしてなのかという原因は結局わからないままなのが、釈然としないんだけどね。
      非常に稀な襲来のために、コストのかかるウイルスソフトを使わずともウイルスセキュリティZEROに戻してもいいのかなあという気持ちも拭えませんが、たぶん乗り換えると思います。一応、転ばぬ先の杖ってことで。
      0
        [思うままに] インターネット | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

        つぶろぐって、お気楽でいいなあ

        つぶろぐ」というサービスがエキサイトでリリースされましたが、これ面白いですね。
        ひとこと、気軽につぶやけるというのがいい。
        私などは何か思いつくことがあっても、Blogのエントリにするほどのことじゃないしな・・・とか思ってしまうことも多いのでこの「つぶろぐ」みたいなのは大歓迎です。
        まにゃーなさんちのつぶろぐで「憲法第9条」とだけつぶやかれていたのをお見かけして「これは何だろ?」と思ったら「<美しい国>日本の魅力は精神面?政府会議がアンケート」というニュースに対してのつぶやきだったので、すごくじ〜んとしちゃったよ・・・。実際、こういうものへのコメントって、長文要らないんだよね。
        ひとこと言えれば充分 ってことは、この世の中意外に多いと思う。何だかんだ書けば書くほど余分なことが増えて真意が伝わらなくなったりすることもあるしね・・・。勿論その反面ちゃんと書かないと解ってもらえないことも多々あるわけで、どっちがいいと言うもんでもない。
        Blogとつぶろぐの併用は、だからすごくいい感じがする・・・・だけど惜しむらくはエキブロ以外に貼れるようにはなっていないこと。ネームカードみたいにブログツールとして他Blogでも利用できると嬉しいんですが。
        つぶろぐは、エキサイトIDがあれば誰でも作成できます。
        ちなみに私のつぶろぐはこちら
        0
          [思うままに] インターネット | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

          米国外からPandoraへのアクセスは不可能に

          ご無沙汰しております。
          GUNSライブ延期ショックからようやっと快復してまいりました。
          Blogを読むことは出来るし、温かいコメントを頂いて励まされ有難く感じているのに言葉が表に出せず・・・コメントをくださった皆様、激亀レス申し訳ありませんでした(汗)
          今後ともまたよろしくお願いいたします。

          ところで、昨夜ちょっと久しぶりにお気に入りのネットラジオPandoraにアクセスしてみたら、英語のメッセージ画面が表示されていました。
          あ、何だか嫌な予感・・・と思ったら、やはり。
          Pandora、木曜夜から米国外のユーザーをシャットアウト (TechCrunch Japanese)
          Pandoraは DMCA114条に基づいて運営されており、そのおかげで、著作権者に対する使用料の支払い手続きが明確になっている。しかし国際的にはDMCAに相当する法律は制定されておらず、他国で合法的にサービスを運営するためには、Pandoraは著作権者と個別に契約を結ぶ必要がある。つまりすべての楽曲についてレコードレーベルやパブリッシャーと個別に契約していかなければならないわけで、これはものすごく時間のかかる困難な仕事だ。
          Pandoraは従来からこれはアメリカのユーザー専用のサービスであることを明示しており、ユーザー登録にはアメリカのZIPコードを入力するよう求めていた。しかし国外のユーザーはそんなことでは思いとどまらず、“90210″とかそういった有名なZIPコードを入力してサービスにアクセスしていた。今度はIPベースのフィルタリングがされることになり、ユーザーは米国内のプロキシーサーバを利用するなど、面倒な手段を取ることを強いられる。 

          簡単に言えば米国のCopyright Royality Board(CRB)という権利団体組織がネットラジオサイトに対する課金を約3倍に引き上げる決定をしたことで実質的にネットラジオを圧迫しにかかったというのが発端のようです。
          米国外のユーザーのシャットアウトはその第一歩ではないかと。
          元々、このネットラジオが米国限定で公開されているのは知っていました。
          ただ、利用時の裏ワザとして米国のzipコードをユーザー登録することで米国外のユーザーをも受け容れてくれていたんですよね。これは米国外のユーザーの「暗黙の了解」みたいなものだったんですが、IPアドレスで判別されたらもう無理です。
          というか、それは最初からやる気になれば出来たことなのですが見逃してくれていたのですね・・・。
          知っていながら、網の目をくぐりぬけていた自分らに非があるのは承知の上なので今回の決定に文句は付けられません。でも、サイトの創設者であるTim Westergrenさんは顛末を簡単に説明し残念だと述べ、このようにメッセージを残してくれました。

          いつかPandoraがあなたの国で利用できるようになったとき、メールによって知らせて欲しい場合は、あなたのメールアドレスを書き入れてください。
          認可のペースは予測しにくいですが私達はこのサービスをどこでも提供できることを目的にしています。
          私達はあなたの失望を大いに共有し、あなたの理解を求めます。

          誠意をこめて

          Tim Westergren
          創設者

          Pandoraのカスタマイズ機能などのサービスは従来の「ラジオ」という概念を打ち破ってくれるところが気に入っていたのですが、どこの国でも出る杭は打たれるものみたいです。
          LastFMとはまた違う切り口のPandoraは、自分の好きなタイプの音楽を中心にお薦めを提供してくれるところがすごく斬新だったので残念でなりませんが、今まで楽しませてくれたことに感謝を込めて、これから始まるであろう彼らの闘いを陰ながら応援したいと思います。

          今までありがとうPandora。
          0
            [思うままに] インターネット | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

            “OpenOffice.org”というソフト

            2台目のPCはカスタマイズオーダーでエプソンダイレクトショップから購入したのですが、マイクロソフト・オフィスはあえて付けなかったんですよね。だって付けると急に高くなるし。
            別に1台分エクセルとワードがあればそれでいいよ・・・元々アウトルックは使っていないし・・・と思っていたのですが、無いと無いで不便だということに少しずつ気付く(汗)
            一番困るのは自分んとこで使っている伝票類を2台目PCで開けないこと。
            作れなくてもいいけど、見ることも出来ないってのはやっぱり不便なんですよね・・・

            これ何とかなんないのかな・・・と思って探索しているうち見つけたのがOpenOffice.org

            ワープロや表計算などを含むフリーのオフィス統合環境。米Sun Microsystemsの有料オフィス統合環境「StarOffice」から付属フォントやサポートなどを省いてオープンソースで開発が進められている。
            オフィス統合環境の標準的ソフトといえる「Microsoft Office」と操作性やデータの互換性をもち、「Word」や「Excel」などのファイルを読み書きできるのが特長。ワープロソフトの「Writer」、表計算ソフトの「Calc」、プレゼンソフトの「Impress」、ドローソフトの「Draw」、データベースソフトの「Base」、数式エディターの「Math」の6つのソフトで構成されている。

            これをインストするとエクセルファイルもワード文書も、パワーポイントファイルも開ける!
            すごい・・・それなのにフリーソフト・・・。
            世の中には凄い人々がいっぱい居る・・・と実感します。
            そういうもんだと思っていたけれど、マイクロソフト・オフィスの独占状態って実はちょっと異常なことなのかも。競合するソフトが少なすぎるというのは、消費者にとっても選択肢が狭められてしまうから、いいこととは言えないもんね。

            オープンオフィスの入り口」にて詳細が書かれています。
            有償版のadobeアクロバット・リーダーを持っていなくてもエクセル・ファイルをPDFに出力できるという機能は画期的だと思う。
            そんなにがしがし活用するわけじゃないだろうけど、すごいなということだけは分かる。
            1台目PCの寿命が来て買い換えるとしても、もうマイクロソフト・オフィスは付けなくていいやという気になっています(だって、それだけで数万円違うしさ・・・汗)。
            0
              [思うままに] インターネット | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

              音楽を共有するということ(←字で書くと大袈裟)

              別館音楽Blog Real Thingでは可能な限り試聴リンクを付けています。
              動画だったら皆様ご存知YouTubeですが、音声だけの場合はRadio.blog.clubというサービスを利用して試聴ボタンを表示することにしました。
              たとえばこんな感じ↓

              左サイドの三角ボタンを押せばフルで再生します。

              U2とルー・リードのコラボというレア・トラックがこんなところで普通に聴けるとは。見つけたときビックリしました。
              ほかにも結構珍しい音源があるので、ここを彷徨い始めるとキリがないかも。

              しかし、いいのかなあ こんなに簡単にサーチ出来て再生ボタン作れちゃって・・・と思っていたのですが、このRadio.blog.clubはクリエイティブ・コモンズ (Creative Commons) のライセンスのもとで運営されているらしく、特に問題は無いみたいなのです。これなら安心。
              「クリエイティブ・コモンズ」をいま一度調べてみたところ、こんな記述が。
              音楽だけに限らず、文章やアート・写真・動画など様々な創作物の著作権の一部をみんなで共有することにより、クリエイティブな文化を活性化しようという動き。
              著作権者であるアーティストがライセンス提供という形で条件とともに、分かりやすく意思表示することで、ライセンシー(ライセンスをうけるもの)が条件を守る限り自由に使えるというもの。
              アーティストがライセンス提供する理由は大きく分けて2つある。
              1つは、本来の目的ともいえる、クリエイティブな文化の活性化への貢献である。主に非営利な目的で作品を創作するアーティストによって提供される。
              もう1つは、アーティストのプロモーション活動としてである。著作権の一部を手放すことがアーティストの経済活動の妨げにならず、逆にプラスになることが確認されていることで、このような目的でライセンスが利用できるわけである。
              Pod Music Street :: PMS辞書 : ミュージック : か行 : クリエイティブ・コモンズ

              著作権の一部を手放すことがアーティストの経済活動の妨げにならず、逆にプラスになることが確認されていることで、このような目的でライセンスが利用できる
              と断言されると非常に心強いですね。ネットの辺境で個人的な趣味を書き連ねているだけのBlogでも、「これって法的にどうなんだろ?」と思うことはありますし・・・。
              この国ではとかくJA○RACの力が強く、音楽への介入もしばしば見られます。非営利であればダイジョブなのかというとそうでもないらしく、特に邦楽の歌詞なんかの掲載は普通のファンサイトであっても厳しくチェックが入るみたいです。でもアーティスト自身のオフィシャルHPにも自分の著作物である歌詞すら自由に載せられないなんて、権利関係がいくら複雑とはいえどうかしてると思うけど・・・。

              Radio.blog.clubは以前のエントリ「Blogmusik≠オンラインipod(のようなもの)」で取り上げたBlogmusikとも連動しているようなのですが、Blogmusikの場合はインターフェイスが余りにもipodそのまんまなので違う意味で著作権大丈夫なのかと心配になってしまうんですよね。アップルに訴えられでもしたら一発でアウトのような気がする・・・。せっかくの面白いサイトなんだし、せめてインターフェイスだけは独自のデザインを考えて欲しいところです。

              izumatsuさんちやみっちぃさんちなど訪問させていただいているBlogで記事内に試聴リンク貼ってくれていると、紹介してくださった曲がすぐに聴けて嬉しいのですよね〜。聴いたことはあるけれど忘れていた曲とか、あまり馴染みはないけれどそういう歌詞だったのねとか、初めて聴く曲だったりとか・・・こんな風に新しい発見が出来たりすると単純に楽しい。

              とはいえ、自分の記事を読んで“聴いてみようかな”と興味を持ってもらえるのかどうかはこちらの文章内容如何によりますが、とりあえず気軽に聴けるリンクを置いておくことでいろいろな方々にそんな機会を持ってもらえれば、嬉しく思います。
              0
                [思うままに] インターネット | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

                Blogmusik≠オンラインipod(のようなもの)

                Blogmusik

                ネットラジオのLast FMPandora、動画配信のYouTubeなど今までの概念を揺るがすストリーミングが出現して、もはや著作権問題のほうが全然追いつかない感じですがこのBlogmusikもかなりビックリです。
                Blogmusik.netは音楽を検索し、iPodに見た目が似たFlashプレイヤーを利用して、その場で(ストリーミング)再生できるサイトだ。利用には登録は必要ない。ただし登録してアカウントを作成するとプレイリストを作成して楽曲を保存することができる。
                Blogmusik、ネットから消される前に急いでチェック (TechCrunch Japanese)

                試しにアカウントを登録してみました。
                フランスのサイトらしいですが、どこの国からでもアカウントは作成可能な様子。
                メールアドレスとパスワードを設定し、国名を選択すればOKです。
                LastFMやPandoraと大きく異なるのは、完全に自分の好みの曲だけでプレイリストを作成できるというところ。LastFMでの「Loved Radio」は有料(以前は1ドルから寄付で有料ユーザーになれましたが現在は3ドル以上の寄付になりました)ですので、このBlogmusikのサービスが完全無料というのは驚きです。
                っていうかこのインターフェースじゃ、林檎社から提訴される日も遠くないかもしれませんが(汗)

                リンクから曲をシェアしてみました。聴けますか?聴くぶんにはアカウント不要なので大丈夫なはずですがMacでも聴けるのかな?
                MetallicaによるThin Lizzyのカバーです。これ、聴きたくてね〜・・・
                Whiskey In The Jar
                Garage Inc.
                Garage Inc.
                こちら↑のカバーアルバムに入っているのですが、なかなか買えない(涙)
                「Whiskey In The Jar」のPV、Jamesが肩の力が抜けた感じの明るい雰囲気で唄っていて好きなんですよね〜。Thin Lizzyの楽曲の良さ、演奏するMetallicaのセンスが一体になっていて、曲としても凄くカッコいい作品になっています。
                (それにしても・・・ダウンロードこそ出来ないとは言え、オンラインでここまでフルに聴けていいのだろうかとも思う。ネットはどこまで進んでしまうんだろ〜)
                0
                  [思うままに] インターネット | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

                  ネット通販と配送のあれこれ

                  消費者の勝手な都合かもしれないけど、何かを買うと決めたらやっぱり早く手元に欲しいもんじゃないかな?
                  店舗で直接買うならすぐ持って帰れるけどネット通販とかネットオークションとかって絶対にタイムラグがあるわけで。

                  まにゃーなさんちのエントリネット通販って (Untitled-Blog)にあったのですが
                  基本的にノンビリなのだろうか?よくワカラナイんだけど、先週木曜日に「本日発送いたしました」メールが来ていたのに、まだ商品が来ない。佐川急便だっつーから、翌日か翌々日には来ると思っていたのだけど…。

                  うちの過去ログ「一日千秋とまでは言いませんが」でも待たされるイライラについて書いたことがあるけど、注文したものを待っているときの1日2日って長く感じるんですよね〜。
                  で、この配送はかなり遅いほうではないかと(汗)

                  とりあえず個人的経験で感じるのは「佐川急便」って配送先が個人だと異様に遅い場合があります。佐川は基本的に事業者優先に配達していくというか、個人のは後回しにされてる感じがする。
                  配送センターそれぞれの地域差はあるとは思うけどね・・・。ここって保険のかかっていない荷物は小さな配達会社に外注しているでしょ。保険をかけてある荷物や事業者間取引の貴重品扱いのものは「佐川急便」のロゴをサイドに掲げたトラックが持ってくるけど、それ以外の荷物で更に個人名扱いだと「○○配送運輸」と地味に掲げた軽トラが運んでくるもん。後者のヒトは佐川のユニフォームも着ていないので外注なんだなと分かる。
                  ネットなんかで注文したものがなかなか来なくて、荷物の問い合わせ番号を教えてもらったら佐川便で発送されていた。
                  「あ、これは外注でモタついてるな」
                  と(経験上)ピンと来たので、佐川の配送センターにクレーム電話したらその30分後に届き「遅くなって申し訳ありませんでした!」と平身低頭だったことがある。何となく気の毒だったけどこっちもやや待ち疲れてたし。(やっぱり外注のヒトだった)
                  個人宛ての荷物が軽視されている というのも絶対あるだろうけど、たぶん配達一件あたり外注はものすごく安く使われているんじゃないだろうか。それでちっさな荷物は後回しになっていくんじゃないか・・・と思ったことが何度かあります。それくらい遅延が頻繁。労働条件が悪いんじゃないか・・・ってこっちがそんなこと邪推する必要はないけど。
                  一番配送がスピーディーなのはクロネコかな。仕事上色んな宅配便を利用してきたけど遅延なんか台風や大雪でもない限り殆ど起こらないし。

                  ネット通販でよく利用するのはAMAZONですが、ここは予約していても発売日に配送してくれたことが一度もありません(私のバアイは)。
                  普通に販売されている商品で「24時間以内に発送」と書いてあるやつはさすがに迅速だけど、予約販売に関しては一体何故だと思うくらい遅い(と感じる)。

                  それで今回、漫画本一冊からでも
                  日本全国送料無料
                  だというので楽天ブックスを利用してみました。

                  予約購入したのはコレ(笑)
                  ONE PIECE(43)
                  ONE PIECE(43)
                  今月4日発売予定だったのですが、ぴったり当日の午前中に届きましたよ〜♪(クロネコメール便で)

                  発売日当日には来ない ということが普通だったので、これにはビックリしました。Blogではどうもぼやくことのほうが多いから、こういうヒットがあるときにはちゃんと褒めないとね(爆)

                  子供達も学校から帰宅して家にあったので大喜びだったよ。(家族全員で読んでいるという)
                  地域の本屋さんが店じまいして以来、街には子供が歩いて買いに行ける書店が無くなってしまったのでこれはすごく有難いです。
                  ネットショップの普及が街の書店を圧迫しているのも、書店衰退の一因なんだろうけどね。複雑だけど実際に無くなってしまった以上、ネットは便利。
                  でも漫画本一冊をタダで配達して(経営は)大丈夫なんだろーか・・・と、また要らぬ心配をしてしまうのでありました。
                  0
                    [思うままに] インターネット | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

                    Last FM 日本語版

                    出ましたね。
                    つい先日、LastFM Playerのインターフェイスが大幅にリニューアルされたので、日本語版リリースも近いのかなーとは思っていたのですが、今日自分のユーザーページを覗いてみたら何の前触れも無く日本語化されていて驚きました。
                    本国の英語HPはそのまんまだろうと思っていたのに。どうも日本のユーザーは自動的にそうなったっぽい。

                    エキサイトでもLast FMについてのお知らせが出ていましたね〜。

                    でも既にLastFMのIDとExciteのIDを持っている私がエキサイトIDでリンクしているLast FMにログインしようとすると、LastFMでは「新規ユーザー」として認識されてしまうようです。
                    ただ、エキサイトが紹介しているページからのユーザー登録だと、まだストリーミング・ラジオ機能は使えないとのことなので、そんな関係もあるかも。
                    そちらのネットラジオが開始したときには、ゆくゆくはエキサイトとLastFMのユーザーIDを一本化できるといいんだけど。

                    trollさんの“日本語版LastFM、本日スタート”というエントリを読んで気付いたのは「日本語版だとラジオボタンが隠れてしまう」ということ。普通にPlayerを起動して聴いていたのでこの変更に気付きませんでした。
                    結局のところ、今まで通り英語版で利用したほうが便利なのね〜。

                    とはいえ、CMが放送されない、時間制限がない、カスタマイズできる という画期的ネットラジオのLastFMが、Ja○rac天下の制約の多い日本でどれだけやってくれるのか楽しみです。こうしたサービスも外圧からスタートしないと、この国に風穴は開けられないみたいなので、前向きに期待。
                    0
                      [思うままに] インターネット | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |