[Rock] CDレーベル・アルバム | Paradise City

Paradise City

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |

    Rattle and Hum 〜レコード・レーベル・アルバム〜

    Rattle and Hum
    Rattle and Hum(1988)
    U2

    rattle and hum U2


    CDレーベル・ジャケットではないですが。
    すみませんkingdowさん、番外編ということでお許しを(汗)
    「レコード・レーベル・アルバム」でございます。
    未だU2熱冷めやらぬもので、つい懐かしく引っ張りだしてきてしまいました。このアルバム、2枚組みだったんですよね。

    rattle and hum side1

    Side1
    1. Helter Skelter (live)
    2. Van Dieman's Land
    3. Desire
    4. Hawkmoon 269 (with Bob Dylan)


    side2

    Side2
    5. All Along The Watchtower (live)
    6. I Still Haven't Found What I'm Looking For (live)
    7. Freedom For My People
    8. Silver And Gold - (live)
    9. Pride - (live)


    side3

    Side3
    10. Angel Of Harlem (with The Memphis Horns)
    11. Love Rescue Me (with The Memphis Horns/Bob Dylan)
    12. When Love Comes To Town (with B.B. King)
    13. Heartland


    side4

    Side4
    14. God Part II
    15. Star Spangled Banner
    16. Bullet The Blue Sky (live)
    17. All I Want Is You


    rattle and hum


    アルバムジャケットは中が見開きになっております。

    とにかく、全て聴き終わるまでにレコードだと4回ターンテーブルに置く手間が必要なわけで。
    今から思うとずいぶん細切れに聴いていたんだなと不思議に思ったり・・・。
    でもレコードを手前にくるりんとひっくり返すときちんとメンバーの顔写真が現れるので、そのたびに嬉しかったような記憶が(笑)

    CD化されたときビックリしたのは曲が全て1枚にまとまったこと!(←何時代のやつだよ)
    いや〜これは聴きやすいですねえ。

    kingdowさんちで以前「Rattle and Humのレコードなんてオークションで高く売れそう」とレスしてもらったことがあるのですが、私のはダメです。聴きすぎて擦り切れ、一部針飛びする箇所ありますから(爆)
    ちくしょう、何故だ・・・丁寧に扱っていたつもりなのに・・・。

    rattle and hum 3seets


    これは輸入盤なので紙スリーブに直接レコードが入っていて、そこに歌詞が印刷されています。

    Rattle and HumまでのU2のアルバムは全てレコードで持っていたため、CD主流になってから買い直すことになりました。しょうがないけど。
    私はCDに移るのが遅くて・・・っていうかもうある時期からニューアルバムはレコードでリリースされなくなっちゃったから仕方なくCDに変えざるを得なくなったというほうが正しいな・・・。この後の「Achtung Baby」はCDでしかリリースしていないはずです。

    レコード・ジャケットが好きだった私は、どうもCDの紙ジャケに愛着を感じることができません・・・。
    やっぱり、スケールが小さい というのは表現の限界を感じるんですよね(好きなひとゴメン)。
    紙ジャケ、出し入れしにくいし・・・。CD入り「でかジャケ」ならレコード時代のノスタルジアを彷彿とさせてくれるかもしれないですが。

    もう今は我が家にレコード・プレイヤーが無いので、うちでこのレコードを聴くことは出来ませんが、このアルバムは一生手放さないんだろうなあ。
    ほかのレコードは結構処分してしまったんですけど、最近になってじわじわ後悔していたりします。ああ・・・失敗したなあ。U2は全部残ってるから良かったけど・・・。
    大事に聴いていたものを手放すというのは、最初は平気なようでもボディブローのようにじわじわと心身にくるんですよね。ぽかんと穴が開くみたいな感じ。
    CDに買い直してあるやつは曲聴けるんですけどね。それとこれとは別みたいです。

    あ、Rattle and Humの曲に関することは何にも書いてないや(汗)
    そちらに関しては、「映画」として改めて後ほどレビューしようと思います。
    0
      [Rock] CDレーベル・アルバム | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

      U2/Achtung Baby 〜CDレーベル・アルバム〜

      Achtung Baby

      Artist / U2
      Title / Achtung Baby
      Date  / 1991


      80年代、BONO本人も認めるとおりU2はルックスやファッションについてはどこか「垢抜けないバンド」として評されていた。ファンにとってはその垢抜けなさも土臭さも魅力だったのだけれども。
      その反動か(?)、90年以降のU2はアートワークに神経を遣ったアルバムやグラビアが多いように思う。
      88年リリースの「Rattle and Hum」は2枚組みレコードで当時買ってしまった私。
      その頃はアルバム・リリースといえばレコードとCD双方を同時に発売することが普通だったけれど、それでもまだこの頃までは(辛うじて)アーティストの側もレコードを主媒体として制作していたんじゃないだろうか。

      90年代に入ってからはレコードのリリースが無くなり、例外的なものを除いてはアルバムのリリースはCDのみとなる。
      「Rattle And Hum」までのCDレーベルはどれも銀色のディスクにタイトルや曲目などが印字されただけのデザインなので、今見てみると何となく味気ない。
      そもそもレコードで持っていたこれらの作品をCDに買い直すファンも居るのだし、CD化するにあたってCDレーベルのデザインだけでもリニューアルすれば楽しいのにな。
      「Achtung Baby」を始めとする「シンセポップ三部作」のサウンドたちは正直なところ私には抵抗のある作風なんだけどね。でもこれ以降のアートワークはカッコいいものが続きます。
      しかし、このレーベルにも書かれているにこちゃんマークのような宇宙人のようなイラストは「ZOOROPA」のアルバムジャケットにも使われていくのだけど、これはどういった意図があったんだろう。
      当時、インタビューなどが載る雑誌を読まなかったので(今も雑誌は殆ど読まない)そこらへんの背景は未だにわからないままだったりする。

      Achtung Baby
      Achtung Baby / U2

      久々にkingdowさんちのCDレーベル・アルバムにTBしてみました。ようやく複合機をPCのそばに移動した(爆)のと、U2の振替公演決定を祝して(笑)
      また、自分ちにも「CDレーベル・アルバム」というカテゴリを設置してみました。こういうの好きなので♪
      過去に楽天でUPしたやつもこっちにまとめようかな〜。
      0
        [Rock] CDレーベル・アルバム | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

        Beautiful / 吉井 和哉 〜CDレーベル・アルバム〜

        Beautiful

        Artist / 吉井和哉
        Title / BEAUTIFUL [Maxi]
        Date  / 2006


        これはマキシです。マキシのCDレーベルっていうのも割と見る機会の少ないものかも・・・私もマキシなんか滅多に買わないもんねえ・・・

        BEAUTIFUL
        BEAUTIFUL / 吉井和哉

        このジャケットはエジンバラ(スコットランド)で撮影されたものだそうで、たぶんCDレーベルの石畳も同じとこなんじゃないかと。
        私はタイトル曲「Beautiful」より、3曲目の「My Foolish Heart」のほうが好みです。っていうか、どっかといえばこちらの曲の為にマキシを買ったようなもん。何となく「My Foolish Heart」は次のアルバムにも入れないんじゃないかなという気がしたので。
        逃げ出すものか
        投げ出すものか
        怯えるな My Foolish Heart

        だけども、これをThe Yellow Monkeyというバンドで唄うのと、ソロで唄うのとは大きく意味が違ってきてしまう。
        CDレーベルに写る吉井さんは立ち止まって何かを考えているようでもあり、次の場所に進むんだという決意のようでもあり、立ち竦んでいるようでもあります。
        この暗示的な足元に何を見ればいいんだろう?
        0
          [Rock] CDレーベル・アルバム | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

          Smile / The Yellow Monkey 〜CDレーベル・アルバム〜

          Smile

          Artist / The Yellow Monkey
          Title / SMILE
          Date  / 1995


          きょうのわたくしのacoyoさんちで楽しそうなTB企画の記事「STONE COUNTRY 〜転がり続ける田吾作のストーンズ」を拝見しました。
          企画のご本家はkingdowさん別館のCDレーベル・アルバム
          「外からは見えない、買った人だけのためのサプライズ」を公開していこうというBlogです。
          「自分の持ってるCDでかっこいいのがあるよと思われたら是非、トラバお願いします。」とのことですので、是非参加させて頂こうと思います。

          SMILE
          SMILE / The Yellow Monkey

          いままで余り意識しませんでしたが、CDレーベルはまさに「隠されたお楽しみ」ですよね。
          このアルバムの前作「JAGUAR HARD PAIN」はまるでメロドラマのようなコンセプト・アルバムで、兵士ジャガーが現代に甦り恋人マリーを探し求めるというもの。その暗く重い淫靡な世界観から打って変わってPOPな作品に仕上げたのがこちらの「Smile」。内容もストーリーの続編というか番外編というか。

          「Smile」というタイトルなのに、アルバムジャケットはさめざめと涙を流すヒロインだというのが対照的。
          同時に、ジャガーとマリーの「幸せな恋人時代」が明るい曲調で描かれているのが、かえってイエローモンキーの作品の陰影を深くします。

          こういうメリハリを絶妙に表せるロックバンドは、日本には稀だと思うんですよね。
          漫画で言えば「キャラクターの書き分け」が下手なバンドが多い中、ライブ・パフォーマンスでまでイメージキャラクターを演じた吉井さんは名役者でありましょう。
          主人公「ジャガー」のみならず、遺された「マリー」となり、女装までしてしまうのですからね・・・。この千変万化のパフォーマンスはデヴィッド・ボウイを想起させられますが、彼の父は旅芸人の役者さんだったといいますから血は争えないという気がいたします。

          緊張感漂う作品だったそれまでの作品に比べて、肩の力を抜いた軽さが「商業的」だと批判されたとも聞きますが、私はこのアルバムは好きです。彼らのアルバムの中ではジャケットもレーベルも、これが一番好き。
          バンドそのものに出来た自信やキャリアが良い方向で作用していて、聴いているととても楽になっていくんですよね。

          それにしてもCDレーベルの吉井さんは気障で素敵です(笑)
          ロック・スターであることと、アーティスティックであることは相反することではないし、さりげないヒロイズムはロック・バンドに絶対不可欠だとこのレーベルを眺めながら思うのでした。
          0
            [Rock] CDレーベル・アルバム | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |