[Rock] U2 | Paradise City

Paradise City

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |

    U23D 観てきました

    U23D


    先日19日に、さいたま新都心のMOVIXで観てきました。

    3月はハノイライブも行くし、確定申告の締め切りもあるし、卒業式だの卒団式だのなんだかんだと行事が多いので、ほんとに観に行けんのかな・・・と思っていたのですが、何とか観に行けました。最終日の最終回、夜9時からの(汗)
    っていうか、3月7日に封切られたばかりなのに2週間もやらないって、短すぎるよね。公開されて1週間後には夜のみの上映になっちゃってたし、何この扱い。

    で、実際観て来た感想はというと。
    3Dの効果を強調したいあまりの演出がちょっと鼻についた。
    自分がスタジアムに居るかのように、前の観客の手があげられるシーンが時々差し込まれるんですが、何か臨場感を強要されているようでやだったな。
    だって結局は映画である以上フィルムコンサートの域を出られないんだし、こっちは椅子に座って声も上げないで観ているんだし、生な臨場感を感じろと言われても無理があるって。
    そういう演出を除けば、ライブ気分に浸れて面白かったです。

    ただ、MOVIXの3Dシアター・・・普通のシネコンシネマの大きさと変わらないので、劇場のスペックがこの作品には寂しいかも。
    行けないけど、大阪天保山のサントリーミュージアム・アイマックス・シアターの大画面で体感したかったな。
    そちらはまだ公開中(3/31まで)なので、関西方面のひとは是非そちらにどうぞ♪

    JUGEMテーマ:U2
    0
      [Rock] U2 | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

      こういうのは選択肢が多いとちょっと困るかも・・・



      U2のニューアルバム「ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン」。
      一体どれを買おうかと迷っているうちにもう発売2日前になってしまいました。
      国内通常版の「ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン」と「ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン-Box Edition(DVD付)
      こちらは
      U2の通算12作目となる新作「ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン」が生産限定豪華BOX仕様で登場
      ●デジパック仕様
      ●写真家アントン・コービンによるアルバム曲を使用したミュージック・フィルムDVD付
      ●64ページのハードブック付
      ●ポスター封入

      とのこと。
      最初はコレにしようかなあと思っていたんですが、発売日が3月18日になってしまったのと特典が「写真家アントン・コービンによるアルバム曲を使用したミュージック・フィルムDVD」って微妙だよなあと・・・。
      コービンの映像は好きですが、私はU2のファンなんでコービンのファンなんじゃないですし(汗)そもそもPVってそれほど観ないし・・・。
      特典は普通に、ライブDVDにしてくれたほうが良かったなあ。そしたら迷わずBoxエディションを選択したと思う。

      ほかにも輸入盤には「No Line on the Horizon(DIGI PACK)」という34ページのブックレット付というものもあるようで・・・。
      このブックレットって国内盤には付いてないんだっけ?
      何だかいろいろあって分からなくなってきた・・・。

      昔みたいにシンプルにアルバムリリースしなくなったのっていつ頃からだっけ。
      CDが売れなくなっているからあれやこれやオマケを付け始めたんだろうなとは思うけど、もう少し分かりやすくして欲しいかも。

      結局、音が聴ければいいんだしなーと思い、国内通常版をやっと昨日予約しました。
      Boxエディションのハードブックがちょっと気になるけど(←まだ言ってる)ノーマルなものを買います。

      JUGEMテーマ:ROCK
      JUGEMテーマ:U2


      0
        [Rock] U2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

        U23D:日本公開決定!

        U23D


        U2 : 最新3D技術で収録したU2のコンサートフィルム、ついに日本公開へ (BARKS)

        やっと日本での公開が決まったようです。→U23Dオフィシャルサイト

        長い間、詳しいニュースも出なかったし、日本はこのままスルーされるのかな・・・と思っていたので嬉しいですね。
        3月以降の上映館は随時発表されるみたいですが、首都圏だけじゃなくもっと全国規模で上映して欲しいです。BARKSでは「全国ロードショー」と書かれているので期待してましょう♪

        この2月にニューアルバムの「No Line On The Horizon」も出るので、それに合わせての公開決定なのかもしれませんね。

        JUGEMテーマ:U2


        JUGEMテーマ:ROCK
        JUGEMテーマ:U2


        0
          [Rock] U2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

          U23D


          U23Dmovie.com


          U2、ライブ映画とニューアルバムを語る (MTVJAPAN.com)
          ギタリストのジ・エッジは映画を通じて初めてU2のライブを観たと語り、ステージのバンドメンバーたちが随分と互いから遠いことに驚いたと認めた。「淋しかったって言っているわけ?」とジョークを飛ばしたボノに対し、ジ・エッジは「違うよ、ラリーが淋しいだろうなと思って」と返した。
          だが、なぜ今、3Dなのだろうか?
          「何かやろうとするとき、僕らは必ず同じ質問を自問するんだ」とジ・エッジは述べた。「それは、『前代未聞なことは何か?』っていうこと。今作も前代未聞だったから、即決したんだ」。
          「U2のチケットはちょっと高いからね」とボノは加えた。「なるべくリーズナブルな価格にできるよう戦うんだけど、ご存知の通りでね。高校生や大学生は常にお金があるわけではないだろう。だから『あのバンド、ちょっと気になるな』って思っている人たちに、試しに僕らのやっていることを観てほしいんだ」。

          前回のエントリ、kingdowさんからのコメントで先に触れられてしまった映画「U23D」。
          タイトル通り、U2のライブが3Dの映像で見られるというもの。
          どんなんかなと思って予告編をちら見しただけで、震えが・・・。だって、この最初の動画はVirtigoツアーの「The Fly」の映像とほぼ同じ。瞬時にライブにフラッシュバックです。
          観ているひとには再体験を、観ていないひとには初めてのU2をリーズナブルに提供という考え方はいいですねえ。
          わたしはライブ映画「RATTLE AND HUM」でU2への熱が上がったので(それまでも好きではあったけど、何ていうかこれ観たあとU2観が変わったんですよね)ライブを観た事のないひとには是非見てみてほしいと思います。

          日本での上映会場がまだ未定らしく、公開がいつ頃になるのかは分かりませんが早く観たいなー。
          JUGEMテーマ:U2
          0
            [Rock] U2 | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

            あのU2ライヴから1年

            この時期の冷たい風に吹かれると、ああ1年経ったんだなあと思い出します。
            さいたま新都心近くまで行くと、あのライブの光景が甦ってきます。
            スーパーアリーナの前で並んでいる間、けやきひろばのクリスマス・イルミネーションが綺麗だったなとか、クロークにコートを預け忘れて失敗したなとか、入場する時のカメラチェックで「ズームできるカメラは駄目なんですけど・・・」と言われたのに「これズームできないやつですから!大丈夫!」と12倍ズームのデジカメを持ちながら嘘八百付いてそそくさと走って逃げ出したこととか(見逃してくれたライブスタッフさんありがとう・爆)ライブのあとシャワーを浴びたみたいに身体中が水浸しだったなあとか、ライブの前後のしょうもないことも妙に鮮明にいろいろ思い出す。(ていうか、カメラはU2が許可してたんだよーこのときは。例のサイトみたらみぃんな立派なカメラ使ってんじゃん・・・汗)

            最近はU2何してるんだろーと思っていたらこんなニュースが。
            U2、たった250人を前にスペシャル・パフォーマンス(BARKS)
            うっわあ・・・超うらやましい・・・250人て・・・。
            そんな少ない人数だとリーク映像も無かろうと思ったら、あるじゃん(驚)



            ボノとエッジの2人だけなんですね。
            時々こうやって遊んでいるのかこの人たちは(笑)
            ふらっと姿を現してくれて元気な様子がわかると嬉しくなりますが、別のニュースでは「2008年のツアー予定は無い」とはっきり宣言されてしまったのを知り、ちょっと凹み気味。まだニューアルバムのリリース予定もないし、冷静に考えればそりゃそうだろうと思うのですが、断言されると・・・・。
            そうか、来年もまだ会えないのか まだまだまだまだ先なんだろうなあ・・・

            でももうすぐこれが出ます。

            ヨシュア・トゥリー~スーパー・デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)
            ヨシュア・トゥリー~スーパー・デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)
            U2

            20周年記念盤です。
            ヨシュアはうちにレコードとCDがあるのですが、これを買ったらヨシュア3枚目だ。
            ですが、RATTLE AND HUMで使用されたライブ映像がDVDに付くというのは最高に楽しみ。
            これを観て、「次」を信じて、気長に待ちます(笑)

            JUGEMテーマ:U2
            0
              [Rock] U2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

              U2bootlegs

              ネットをうろうろしていて見つけたのですが、U2 start.comというファンサイトではU2のbootlegをダウンロードできるようになっていて、昨年の来日公演も全てあったりします(驚)
              まずユーザー登録(IDとPWとメールアドレスのみ)後、ログインしてbootlegsというコーナーに入りお目当てのツアーを検索します。数がハンパないので目移りしますが(汗)

              uploederはRapidshareなので、freeユーザーの場合ダウンロードできるファイルは1日1つのみです。(有料ユーザーは無制限)DL後はrarファイルを解凍できるソフトが必要。

              もちろん自分の観た11/30のを真っ先にダウンロードしてみましたが、音質が素晴らしくいいです。このまんまライブ盤でリリースできそうなくらい。
              もうあのときはもみくちゃで息も絶え絶えみたいな状況だったんで、こうやって聞いてみて初めてBONOが何を言ってたか分かる部分も多くてほんともう・・・(感涙)
              BONOがこんなに何度も「TOKYO」と言っていたとは思わなかった。今更ですが何だか嬉しいなあ。ライブ中って結構いろいろ聞き取れてないんだよねえ。それでもあのときの熱気とか感激とか空気はしっかり身体に残っているんだから、ライブというのは凄いものです。

              来日公演の熱をもう一度思い出したいひとは是非どうぞ。(とりあえず大きな声では言えませんが・汗)
              JUGEMテーマ:U2


              0
                [Rock] U2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

                Yahoo!動画でU2 スペシャルだそうな

                今日から配信開始されたYahoo!動画 - 音楽 - U2 スペシャル、ちら見してきました。
                アメリカのYahoo Musicなんかではかなり以前からこの手の動画配信を行っていたのですが、とうとう日本でも解禁されたのでしょうか。
                動画数としてはまだまだ向こうのほうが圧倒的に多いですけど、著作権に厳しいこの国でとりあえず試行錯誤が始まったという感じなのかな。
                一つ一つの映像の前に広告が入るのがちょっとアレなのですが、これはまあ、やむをえないのかなと。Youtubeより動画自体の大きさがあり、画質もまあまあいいですので見応えはありますね。
                私は映像だったらついライブ映像ばかり観てしまうので、このU2特集のプロモーションビデオは初めて見るものもありました。エレヴェイションなんかは映画「トゥームレイダー」とのコラボ映像でかなり凝っているのが面白い(笑)
                決して俳優向きとは思えないU2のメンバーが映画のワンシーンのような映像のなかで女優さんとキメていたりするのが何か笑える。うーん、かっこいいんだけど何となく可笑しいのは何故(爆)
                0
                  [Rock] U2 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

                  "Knockin' on Heaven's Door" U2 and Axl Rose



                  今になってこんな映像が観られるなんて何ていい時代なんだろう〜(感涙)
                  GUNSはオフィシャルでリリースした映像が非常に少ないバンドなので、Youtubeはホント重宝させていただいているのですが、私にとってこれは言葉を無くすくらい素晴らしいコラボ映像でした。

                  だってほら、U2とAXLだよーー!!
                  大好きなひとが2人並んでる!(落ち着け)

                  "Knockin' on Heaven's Door" を一緒に歌ってしまうと明らかにAXLに分があるというかBONOのヴォーカルが弱く感じるのですが、大体BONOというひとは夥しい数のミュージシャンとコラボしているわりに殆どの場合“負け”ていると私は思う。
                  これは「U2 LYRICS 翻訳教室(生徒一名」のレモン栽培家さんちのコメントでも書かせてもらったことなのですが・・・
                  「カバーが出来ないバンドだったからオリジナルをやるよりほかなかったんだよ」
                  とU2のメンバーは色んなとこのインタビューで言っているのだけれど、こういうコラボ観ちゃうと、それ、すごくわかる(爆)
                  何かねえ、「華」の部分で負けるんだよね、BONOって。彼はそういう自分の弱みみたいなものも実はよーく解っていて、それでも色んなアーティストと一緒にやるんだね。
                  それなのにU2というバンドで音を出すと、もう唯一無二の場所まで行ってしまう。それはねえ、自分の弱い部分とかも一緒に含みながらも真っ直ぐに立ち上がってくれるっていうかそんな感じ。
                  何だか何が言いたいのか支離滅裂ですが、そういうBONOって私はすごく好きで、自己主張の塊みたいなAXLもすごく、好きなんだよなあ・・・(要するにそれだけ)

                  アクセルの風貌からして、この映像はたぶん91年か92年だと思うのですが、アクセルってBONOに頭が上がらなかったらしいですね。
                  傍若無人な彼が敬意を払ったアーティストはそんなに多くは居なかったはず。
                  この映像、粗いけれどそういう意味でも貴重ですね〜

                  JUGEMテーマ:ROCK


                  0
                    [Rock] U2 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

                    ありがとう図書館さま

                    U2 BY U2
                    U2 BY U2

                    読みたかったんです。
                    HMVのお店にあって、もう欲しくて欲しくて。
                    でも大型本、6300円・・・ちょっと気軽に買えるシロモノじゃありません・・・。
                    で、思い余った私、図書館に出かけました。でも有名作家の新作じゃあるまいし、こんな本置いてありませんて普通(爆)
                    それに市内の図書館のどこにも無いことくらい知ってました(←検索済み)。
                    何しに図書館に行ったかというと・・・ものは相談ということで(汗)
                    「あの・・・あの・・・市内の図書館に無い本なんかも・・・リクエストしたら入ったりしますか・・・?」
                    以前、市内の図書館には無かった「えんそく」(片山健・作)という大型絵本を隣の市から取り寄せてもらって借りたことがあるのです。片山健さんの絵、好きなのですが、この絵本は縦61cm横41cmというビックリサイズで約1万円近くもする。(さすがに買えない・・・)
                    その記憶を頼りに、「リクエストしたらもしかして・・・」と思ったのですが。
                    館長さんが出てこられて
                    「無い本をリクエストされた場合は協議して購入するかもしれませんし、県内のどこかにあれば取り寄せるかもしれませんね〜」と優しく答えてくださいました。
                    「とりあえず、もし入ったら連絡しますから、リクエスト用紙に書いていってください」
                    と言われ、お願いしたのが12月の半ば。年末年始も挟むし、こんなでかくてマニアックな本は無理かも・・・と思いながら待っていたところ先日「準備できました」とのお知らせが!わあい、ダメもとでもお願いして良かった!
                    早速図書館に出かけましたら・・・私がいつも利用している図書館所蔵のシールが貼られているではありませんか!!!
                    購入してくれたんだーーー凄い嬉しい!!!
                    と借りる手続き中、心の中で激しく喜びながら(口に出したらちょっと不審者かも)、家路を急ぎました。
                    重い。それに厚いし、思っていたよりも文字が多い。もっと写真集っぽい本かと思ったらとんでもない。読むところかなり多いです。
                    ちょっとまだエントリに上げられるほど読めていないので、また後日少しずつ感想を書こうと思いますが、読みたい本なのになかなか手が出ない・・・と思っておられる方はまずお近くの図書館さんにリクエストしてみては如何でしょうか。
                    そうしたら本の売り上げにも多少は貢献できるし。
                    ホント、図書館さん、ありがとう!
                    自分の手元にGETするのはもう少し先になりそうだけど、読みたくなったらお借りします(感涙)。
                    0
                      [Rock] U2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

                      U218Singles

                      U218

                      Artist / U2
                      Title / U218singles
                      Date  / 2006


                      18シングルズ (初回限定盤)(DVD付)
                      18シングルズ (初回限定盤)(DVD付)
                      U2

                      ブラック×バーミリオンの配色がシンプルな今回のアートワーク。
                      結局このベスト盤買っちゃったよ・・・。CD+DVDの限定盤でまるで本のような装丁になっていてゴージャスな気分。
                      ベストの18曲は新曲の「The Saints Are Coming」「Window In The Skies」の2曲以外は既に持っているので買うかどうかちょっと考えてしまいましたが、ミラノでのライブが収録されているDVDが観たくて買ってしまいました。アルバム持っているファンにとってはそっちがメインだよね。
                      このライブのレビューは後ほど・・・(こんなんばっかり)。
                      だって落ち着いてみていられないんだよ・・・先日のライブがフラッシュバックして頬が緩んだり、またしばらく会えないのかと思って寂しくなったり、ライブの姿に胸が苦しくなったり、そうかと思えばもの凄く幸せな気分になったり、いちいち浮き沈みしつつ観ているので言葉にできないのです。

                      ところで新譜の封を切るときってわくわくしませんか。
                      で、開いた瞬間にメンバーの姿がぱっと目に入ると凄く嬉しくなりませんか?(笑)
                      私はこのパターンのデザイン構成、凄く好きです。
                      見たことのない、かっこいい写真があると嬉しさ倍増。
                      ロックバンドのアルバムはどんなにCoolなアートワークにしようと、最終的には「立ち姿」の格好よさには敵わない・・・と思う。

                      だってこうだよ!
                      うう、かっこいいぞ。

                      U218


                      嬉しくて「へへ、かっこいいでしょ」と娘(17)に見せたら、

                      「これ、DVD取り出すとき、先にCD取り出さなきゃ出せないじゃん」

                      と即行で現実的な感想が返ってきました。


                      ・・・・。


                      見てるのはそこだけかよ。
                      ファンとそうでないものの感想の違いを見た気がしました(いいけど別に)。
                      JUGEMテーマ:ROCK


                      JUGEMテーマ:U2


                      0
                        [Rock] U2 | permalink | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |