プラド美術館展に行ってきました | Paradise City

Paradise City

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << ウルフルズ「10周年5時間ライブ!!〜50曲ぐらい歌いました〜」 | main | サイドバー ツリー化してみました >>

    プラド美術館展に行ってきました

    天気予報では午後から雨とのことでしたが、mitchieさんと上野の東京都美術館にプラド美術館展を観に行ってきました。
    mitchieさんとの美術館デイトは何度目だったかな〜 もう3度目だったような。
    学生時代はしょっちゅう美術館めぐりをしていたものですが、育児中はなかなかそういうことも出来ませんからね〜
    それでもルネ・ラリック展なんかには時間を捻り出して出かけたものですが。

    末娘も小3になったことだし、「フットワークを軽くする計画」の一環として美術館めぐりを復活させているところです(笑)

    プラド美術館展

    ティツィアーノ「アモールと音楽にくつろぐヴィーナス(ヴィーナスとオルガン奏者)」が大きなパネルにされた都美術館前。こんなヌード、堂々と公開していいのだろうか、とちょっと思った(爆)
    表看板に印刷するならほかにも相応しい名作はあったと思いますが・・・インパクトのある看板にしたかったのだろうか?

    十字架を抱くキリスト
    エル・グレコ「十字架を抱くキリスト」


    エル・グレコの本物を見たのは初めてです。
    イメージしていたより小さな作品でした。(108cm×78cm)
    何となく、もっとでかい作品なのかと思ってた。
    サイズが手ごろな宗教画が描かれるのは、個人の礼拝用に飾りたいというニーズも多かったからかも。
    よく考えれば、教会とか宮殿に展示する作品ばかりじゃないんだもんね。

    無原罪のお宿り
    ムリーリョ 「無原罪のお宿り」

    可憐なマリア像です。
    甘い雰囲気が漂う中世の絵画はドラマチックで観ていて楽しいですね。
    現代美術も好きですが、この手のドラマチック度では中世に敵いません。

    ゴヤの作品もありましたが、「着衣のマハ」「裸のマハ」は残念ながら来日せずだったようです。あれ観たかったな・・・。さすがにマハは門外不出かしら。

    それにしても、凄い人手でした。平日なのに(汗)。
    「ダ・ヴィンチ・コード」ブームの影響か?
    プラド美術館展は宗教画がとっても多いのですが、日本人ってこんなにキリスト教美術好きな民族だったっけか と素朴な疑問が湧きました。

    夏目漱石の小説「門」のなかに、
    「彼は門を通る人ではなかった。また門を通らないで済む人でもなかった。要するに、彼は門の外に立ち竦(すく)んで日の暮れるのを待つべき不幸な人であった」
    というくだりがありますが、これは宗教に対する日本人の対し方を象徴的に表している気がします。
    文化として、教養として、門のなかに興味はあるんだけど、深くは入り込めないっていうかね。
    夏目漱石は留学経験があるひとで、「外から見た日本(日本人)」という意識を持っていたんだろうな。信仰とか宗教とかが生活に染み渡っている人と接触すると、根本のところでは理解しあえない文化があるということを痛感してしまうのが日本人だと思う。
    それが「不幸な人」であると断言するのは過激だけど、ある意味民族的拠り所が自覚できないという不幸は孕んでいるのかもね。

    美術館を出たあとはアメリカンレストランでランチをして楽しいひとときを過ごしました。その後、雨が降り出したアメ横を歩き、シルバーアクセの店を覗いたり、ヨドバシカメラやハードロックカフェ・ショップを覗いたり。
    上野のハードロック・カフェ。初めてお店のあるとこ知りましたよ。
    私、あっちは通らないんだよね大体。いつも公園口から外に出てアメ横寄りの入口から駅に入っちゃうからなあ。
    表にディスプレイされていたメニューを見てビックリ。
    珈琲が900円とかハンバーガーが1700円とか。ぎょっ。
    親戚の兄ちゃんがハードロックカフェに勤めているけど、こんなバカ高い店だとは思わなかった〜〜
    なのでお茶に入ることはせず、ショップのほうでTシャツ・ウォッチングして何も買わずに出てきました(爆)

    あんまりお洒落な場所に行かないでアメ横方面をうろつくというのがmitchieさんと私の嗜好を反映しているかも。
    こんな風に羽を伸ばせるお出かけは貴重なんですよね。
    楽しい時間はすぐ過ぎてしまうなあ〜mitchieさんいつもありがとうです☆

    追記:
    プラド美術館展 東京展は7月2日まで東京都美術館(上野)で開催中。
    大阪展は2006年7月15日(土)〜10月15日(日)大阪市立美術館(天王寺公園内)で開催予定となっています。
    0
      [アート] 美術館 | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント


        おぉ、プラド美術館! 行ったことありますぅ。
        ぼくの数少ない海外体験の中でプラド美術館体験は特に印象的なものでした。
        一日ではとても見て回ることができないくらいの広さと収蔵品の量と、建物や周囲の美しさ。びっくらしました。

        東京都美術館、上野ですか。東京にいたころはときどき遊びに行ってました。懐かしいです。

        プラド美術館展、九州には来ないみたいです。残念だな〜。

        izumatsu | 2006/06/16 3:16 PM
        絵画鑑賞やら美術館巡りやら、高尚な趣味がない私(恥)。宗教画なんて更に特殊なカンジするんで、本当にまったく無縁な感じですが…。こうして写真を見ていると、なんだか和むような絵もありますね。不思議です。
        全然関係ないですが、中学の修学旅行で京都に行った時、お土産屋さんでみかけたミニサイズの弥勒菩薩像にヒトメボレし、買おうかどうか迷った時の事を思い出しました。
        ビンボー中学生だったもんで、買えませんでしたけどね(^^;)
        こーゆーのって、信仰の対象が何であれ、何かしら心に響いてくるモノなのかなぁ〜と思います。

        ちなみに私は無宗教で通してます。けど、まったく信仰心がないワケではない…と、自分では思っているんですけどね。
        まにゃーな | 2006/06/16 7:50 PM
        これ、大阪に来たらシーゴラスと行く予定です。目当てはティツィアーノとゴヤ。
        漱石の下りで、高校の時、大好きな先生が、「海外の名作は早めに読んどけ、年食うと『神様』の問題の前にぶつかって読めなくなるから」と言っていたのを思い出しました。
        日本人ってどっか、キリスト教ってのを未だに輸入「ブランド」だって考えてるみたい。仏教系ミッションの学校よりキリ教(ごめんなさい、うちの大学ではこう呼んだw)ミッションの方をかっこよく感じるみたいに。
        でも、私は信仰を持ってませんが、キリスト教は身近だったので、どうも仏教の方に「輸入物」感じてかっこいい気がします。それって単なる裏返しだしな(爆)。
        acoyo | 2006/06/17 12:34 AM
        ★ izumatsuさん

        本物のプラド美術館を訪ねたことがおありとは羨ましいです〜!
        世界4大美術館とされる1つですから、その見応えたるや凄いものなんでしょうね。生きているうちに見に行ってみたいものです。

        都美術館は昔と余り雰囲気が変わりませんね。
        動物園のすぐ隣にあるので、何となく周囲も和やかで親しみやすい美術館です(笑)

        プラド美術館展、九州には巡回しない様子ですね。惜しいです。
        nonkey37 | 2006/06/17 3:06 PM
        ★ まにゃーなさん

        絵画とか美術ってそんな高尚なモノではないんですよホントは(汗)
        実際はいつの時代も「絵描き」なんてどこか見下されたような存在だったし・・・(今でもか?^^;)

        京都の弥勒菩薩像、宗教を越えた魅力があったんでしょうね。宗教画にしろ仏像にしろ、素晴らしいものにはオーラがあると思います。
        信仰の対象ではないですが、イスラム文様が施された工芸品とかモスクとかコーランって凛とした美しさがあって、興味深いです。
        あちらは偶像礼拝を固く禁じているので、刻まれる模様はがコーランや動植物ばかりなんですが、それがまたストイックな雰囲気を際立たせていて好きなんですよね。
        nonkey37 | 2006/06/17 3:23 PM
        ★ あこさん

        大阪展、行かれますか♪
        天王寺公園も最近はスッキリ整備された様子ですが、私が高校生の頃は市立美術館に行くのが怖かったです(汗)
        それにしても何故、動物園近くの美術館でばかりやるのだらう(笑)

        >「海外の名作は早めに読んどけ、年食うと『神様』の問題の前にぶつかって読めなくなるから」

        頭の柔らかい先生だったのですね〜 
        日本の地縁血縁や曖昧な慣習に取り込まれる前に色々な名作を読んだ方が肌で理解しやすいというのは私もあると思います。もっと色々読んでおけばよかったなあ〜
        とりあえずクリスチャンな私ですが、やはり文化に根ざした欧米的クリスチャンの皮膚感覚とは違うので「門」のくだりはなかなか耳の痛いものでした。
        nonkey37 | 2006/06/17 3:38 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/12
        この記事に対するトラックバック