U2bootlegs | Paradise City

Paradise City

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Babyのための子守唄Rocks! | main | 今後流行りそうなコラボ >>

U2bootlegs

ネットをうろうろしていて見つけたのですが、U2 start.comというファンサイトではU2のbootlegをダウンロードできるようになっていて、昨年の来日公演も全てあったりします(驚)
まずユーザー登録(IDとPWとメールアドレスのみ)後、ログインしてbootlegsというコーナーに入りお目当てのツアーを検索します。数がハンパないので目移りしますが(汗)

uploederはRapidshareなので、freeユーザーの場合ダウンロードできるファイルは1日1つのみです。(有料ユーザーは無制限)DL後はrarファイルを解凍できるソフトが必要。

もちろん自分の観た11/30のを真っ先にダウンロードしてみましたが、音質が素晴らしくいいです。このまんまライブ盤でリリースできそうなくらい。
もうあのときはもみくちゃで息も絶え絶えみたいな状況だったんで、こうやって聞いてみて初めてBONOが何を言ってたか分かる部分も多くてほんともう・・・(感涙)
BONOがこんなに何度も「TOKYO」と言っていたとは思わなかった。今更ですが何だか嬉しいなあ。ライブ中って結構いろいろ聞き取れてないんだよねえ。それでもあのときの熱気とか感激とか空気はしっかり身体に残っているんだから、ライブというのは凄いものです。

来日公演の熱をもう一度思い出したいひとは是非どうぞ。(とりあえず大きな声では言えませんが・汗)
JUGEMテーマ:U2


0
    [Rock] U2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | - | pookmark |

      この記事に対するコメント

       !!

       うわー、これは…………なんだか、目の前と頭の中がVERTIGO状態になってしまいまふ、と言うか(笑)。

       とりあえず、U2に見つからないように、こそこそやります、でも、無料なのだから、きっと許してくれるはず……一日、一個ずつ頑張ってみます(笑)。

       そうそう、何故だか知人が持っていた、来日ライヴの音源を聴いたことがありますが、ほんとに何度も何度も「TOKYO」って、言ってくれて、たくさんたくさん日本語で喋ってくれていますよね。
       VERTIGOの「イチ、ニ、サン、カトルス!」も、ライヴ中は「うはは〜ボノ父さん、それは……」、なんて思いましたが、今となっては、うれしくてうれしくて。
       聴いていると、あの日のいろんなもの、nonkeyさんの仰る、熱気とか感激とか空気が、ばばばあっと、いっぺんに蘇ってきて、もうそれだけで、胸があつくなってきます。ほんと、このライヴの思い出だけで、これからもずうっとやっていけるなあ。

       とりあえず「トッキオ〜!!」と歌って叫んでくれるたびに、「ここはサイタマ〜」って、うれしなきしながらツッコんでいます、死ぬほど、うれしいです(笑)。
      レモン栽培家 | 2007/08/21 1:10 AM
      ★ レモン栽培家さん

      目の前と頭の中がVERTIGO状態ですよね ほんと(笑)
      今も聴いているのですが、手が 手が震える・・・・(爆)

      「イチ、ニイ、サン、カトルス!」はこうして聴くとすごく嬉しいですね。
      Miss Sarajevoの「La Mour」のところでどよめきと拍手が起きるBONOの熱唱、これは涙が出てきます・・・。
      もういちいちドキドキしてライブがフラッシュバックしてくるし・・・
      ファンサイトの愛って偉大ですよね。あんなにたくさんデータ整理してアップロードして・・・。一応違法なこととは頭では分かりつつもあのサイトさんには激しく感謝です。

      こういうの見つけると「これからも頑張って生きていきなさいね」という音楽の神様からの激励のプレゼントなんだ と自分勝手に感謝しています(笑)
      nonkey37 | 2007/08/21 8:09 PM
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://paradise-city.jugem.jp/trackback/140
      この記事に対するトラックバック