HANOI ROCKS at 渋谷 クラブクアトロ | Paradise City

Paradise City

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << それは全くのたまたま、なんだけれども、やっぱり | main | Hanoi Rocks / LAUDPARKと心斎橋クラブクアトロのセットリスト >>

    HANOI ROCKS at 渋谷 クラブクアトロ

    1.Fumblefoot And Busy Bee
    2.Hypermobile
    3.Malibu Beach Nightmare
    4.Street Poetry
    5.Highwired
    6.A Day Late, A Doller Short
    7.Bad News
    8.Power Of Persuasion
    9.Teenage Revolution
    10.Highschool
    11.Fashion
    12.Transcendental Groove
    13.Underwater World
    14.Back To Mystery City
    15.This One's For Rock 'n' Roll
    16.Don't You Ever Leave Me
    17.Tragedy
    18.People Like Me
    19.Boulevard Of Broken Dreams
    20.Oriental Beat
     〜encore〜
    21.Powertrip
    22.Self Destruction Blues
    23.Obscured
    24.Up Around The Bend

    * 個人製作のセトリなのでまちがいもあるかもとのことですが、結構これで決定版なんじゃないかな?もし違ってたらご指摘よろしくです 

    行ってきましたハノイロックス東京公演!
    前日のラウドパークや最近のHANOIライブのSetlistを全然知らないままだったので「何をやるかな〜?」と思いながらの参戦。
    これは人それぞれだと思いますが、私は割とライブ前にセトリを調べていくほうです。今回は検索してもわからなかったのだ・・・
    渋谷クアトロ、キャパは800人ほどでしょうか。こんなちっさいライブハウスでハノイを観れるなんて昔は思いもよりませんでした。「燃えるロンドン・ナイト」のマーキーみたいな規模(行った事はないけどビデオで見る限りの)でライブが見れるとは・・・。

    場内暗転すると毎度の事ながら観客の圧力が変わります。
    幸運にもマイケルの真正面最前2列目くらいにポジション。背の高いマイケルを見上げる感じに。
    3曲目にマリブビーチなもんで、一段と観客がヒートアップ!なので、私はそこまでの順番しか覚えてません(爆)
    まにゃーなさんがセットリストをライブ後すぐBlogにUpしてくださったので「ああ、そうだったそうだった!」と反芻することができ大感謝です!
    今落ち着いて数えてみると24曲中10曲がニューアルバムから。いや、すごいよこれは。
    観客も新作をよく聴きこんできていて、Highwiredの「Hey Hey!」という合いの手もタイミングをハズさないしね。これにはさすがにメンバーも嬉しそうな顔していました。

    キャリアの長いバンドというのはライブ定番曲が定着しているので、新作から数曲やればOKみたいな感じになることが多いのですが、HANOIは観るたびにセットリストがどんどん変わるんですよね〜。バンドも作品も常に現在進行形なんだなあ。

    音もまあまあ悪くない感じで観客のノリもいいのですが、いかんせんステージが狭い(汗)
    マイケルのパフォーマンスはダイナミックなので、天井にマイクスタンドが1回当たってたよ。でもねえ、何だか申し訳ないくらいなちっさなハコでも全然関係なく、彼らはホントいつでもどこでも一生懸命にプレイしてくれるんだよね。マイケルは何度も何度もステージと観客を渡す縁まで来て立ってくれ、こっちが落ちやしないかとハラハラしてしまいました。「行けるものなら一番後ろまで行ってあげたいんだ!」と言わんばかりの雰囲気が伝わってきました。
    中盤の「Fashion」でのこと。マイケルはそれまでも何度かペットボトルの水を開けては観客に景気よく撒いてくれていたのですが、そのときはペットボトルの1本を私の延ばした手に渡してくれました。「えっ、手渡してくれた?これって後ろに回して飲めということ?」と躊躇していたら、「君が持ってていいんだよ!」というように指差してくれ、ビックリしたけどすごく嬉しかった〜
    その後はぎゅう詰めのなか左手でボトルを抱えておりました。
    ただの水だろといわれればそうなんですが、もう勿体無くて栓をしたまま開けられません〜
    ううう、生きていればいいことがあるもんだなあ・・・(嬉涙)
    コレ↓
    Water
    GUNSのライブのような軽い休憩タイム(アクセルが休憩するためのソロタイム・汗)みたいな時間はハノイには一切無く、ずうっと全力疾走している気分なんですよね。しっとり聴けるのは「Don't You Ever Leave Me」のみ。それ以外はもう飛ばして走る走る走る・・・。休み無しでこのテンション。元気すぎる〜。
    マイケルは高々と足を上げたり、左右のセットに上ったり、ハイタッチしたり。
    途中、花束を抱えて現れ、観客に一輪ずつ投げ入れてくれるのですが、こんなかっこいいファンサービスがすんなり決まるシンガー、他に思い当たりません。

    メンバーもみんな自分の役どころをぴしっと抑えていて終始機嫌よくプレイしてくれていて前回よりもバンドらしさが増してましたね。
    時々アンディとマイケルが並ぶと「うわあ・・・まるでロック雑誌のグラビアみたいだ・・・」と惚れ惚れしてました私。
    ハノイのライブって見終わると元気になれるんですよね。
    去年の12月以降、U2 GUNS HANOIと、自分のなかでは夢のようなライブが続いたわけですが、全部、ライブの余韻は違います。どれがどう良いとかじゃなくて、完全にそれぞれ別物。
    だから、ライブはやめられないんだよねえ・・・。
    中毒性があるというか、見終わったばかりなのにもう次が待ち遠しい!
    あれだよね、今回のツアーって「ラウドパークのついでツアー」なんだよね?(もっとほかに適当な言い方はないんか・汗)
    ってことはさ、「Street Poetry Tour」は近々やってくれるんだよね?
    LOUDPARKで初めてHANOIを見たひとも「単独があるなら行ってみたいな」と思ってくれたひとが居るかもしれないしさ♪
    その熱が冷めやらぬうち、来年の春あたりに再来日してくれたら嬉しいんだけどなあ。

    まにゃーなさんも書いておられるように、今回のDon't You Ever Leave Meは胸に来ました。
    以降の9曲の流れはもう絶妙。ハノイの名曲デビューアルバム1曲目のTragedy〜復活のアルバム12shotsからのPeople Like Me〜前期ハノイの代表曲Boulevard Of Broken Dreams・Oriental Beat〜新作Powertrip〜リメイクして今回のボーナストラックにも収録されたSelf Destruction Blues〜「俺たちはロックンロールバンドなんだぜ!」と歌う復活の狼煙のようなObscured〜ラストには大盛り上がり間違いナシのUp Around The Bend・・・
    作品の発表時期が26年(!)行き来戻りつするんですが、感傷性は彼らにこれっぽっちも無し。実に自然な流れでどれも全く古さなどなく。まるでハノイはずっと在って今に至るみたいな、それくらい自然なのは何だろう。音楽は軽々と時を越えるんですね。
    でも聴いているこちらは頭真っ白になりながらも、何というか時折胸に来るんですねコレが・・・。
    しみじみ思ったのですが、「作品をリリースしてライブを見せてくれる」・・・ファンにとってそれ以上の幸せってないね。
    日本公演はまだあと3ヶ所ありますが、日本でのプレイを楽しんでいってもらいたいです。

    ライブ後、まにゃーなさんともお初にお目にかかれて、お話なんかもちょっとできて、楽しかったです♪
    クアトロ前でクールダウンしていたら、普通に出入り口からHANOIのメンバーが出てきて車に乗り、去って行きました。こんなにフツーに出てくるもんなのか〜とびっくり。
    別に特に出待ちしていたわけではないのですが、出てくるの早かったよ(汗)
    どうやら、クラブクアトロの控え室が窮屈だからさっさとホテルに帰って休もうと、そういうことのようです。マイケルは去るとき車の窓から顔を出してにこにこしながらファンに手を振ってくれました。

    今回はほんと素敵なShowをありがとうでした〜!
    また来てね!

    ハノイロックス
    ↑渋谷クラブクアトロ前に掲示されていた告知(というか手作りの「張り紙」)
    何か庶民的な作りだー(笑)
    0
      [Rock] Hanoi Rocks | permalink | comments(16) | trackbacks(2) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        改めまして、昨日はどうも♪でした!
        こちらこそ、お話できてウレシイ&楽しかったです。
        ライブもよかったし、とっても良き日になりました〜。

        しかし、昨日の今日でコレだけ内容の濃いレポを書き上げるとは流石でございます。
        まだ若干余韻が残っているかな?程度でしたが、読んでるうちに昨日のあの瞬間に戻ったような気分にさせてもらいました。

        ほで、このお水。写真からして「ただの水」じゃなさそうな輝きを放っているように見えます(笑)

        >キャパは800人ほどでしょうか。

        整理番号からして、↑っぽいですね。
        中に入ってみて、昔の記憶とかなり違う事に驚いてみました。柱の位置はあんなカンジだったけど、若干広くなっていたような気がします。
        昨日は人がごちゃぁ〜!でしたけど、内装的にお酒や軽食を楽しみながらゆったりと生演奏を楽しむ、大人向けな感じもしますね。
        まにゃーな | 2007/10/23 8:18 PM
        単独も凄かったんですね、やはり。
        ラウパも凄かったっす。ハノイ自身も、観客の熱気も。
        マイケル・モンローが、あまりに華やかでビビリました、私。
        「ロック・スター」だなぁ・・・と見とれました。
        体調不良などもあり、ショウは最後まで観られなかったのですが
        「おお〜、本物のマイケル・モンローだ〜・・・」としばし呆けてました^^;。

        それにしても、水っ!いや、ペットボトルっ!
        nonkeyさん、すごいっす!!!
        こりゃ、家宝ですね(^^=)♪
        ぷー | 2007/10/24 1:43 AM
        ★ まにゃーなさん

        こちらこそ、お会いできて良かったです♪
        クアトロ前で轢かれた足の痛みはいかがでしょうか?(汗)ああいうのって痛いんですよねえ・・・

        >読んでるうちに昨日のあの瞬間に戻ったような気分にさせてもらいました。

        とりとめなく、勢いだけで書いてしまったのですが、そう言って頂けると嬉しいです〜
        いつもは記事書くのにもう少し時間かかるのですが、今回は勢いにまかせてしまいました。水のおかげかな(笑)

        >内装的にお酒や軽食を楽しみながらゆったりと生演奏を楽しむ、大人向けな感じもしますね

        後ろの1段高くなっているところに立ってみるとそんな感じもしました。
        ところでよく思うのですが、「1ドリンク付」のライブって普通は開演前に貰っちゃうものなんでしょうかねー?(汗)
        コップで貰っても飲んだ後の始末に困るので「こういうのって貰わないほうがいいのかなー?」と考えてしまいます。
        落ち着いたライブならドリンク付きでまったりと出来るのでしょうが、ロックの場合は・・・。
        でもせっかくドリンク付なんだからライブ前に水分補給しておいたほうがいいしなあと思うわたしは貧乏性(爆)
        nonkey37 | 2007/10/24 9:26 AM
        ★ ぷーさん

        ラウパ2days参戦、ご苦労様でした!(笑)
        スーパーアリーナ側の道路を車で通りすぎながら「今ごろ中は熱いんだろうなー!」と心の中で思っておりました。
        ハノイのステージ側はPAのトラブルが多かったようで、残念に思います。
        それでもあちらこちらの評判では「PAは悪かったけどパフォーマンスは良かった!」という声を聞きましたので嬉しかったなあ♪

        マイケルはいつまでたっても華のあるひとですよね。
        実はアクセル・ローズと同じ歳だったりするのですが、あの体型と運動能力とスタミナを維持しているのはほんと恐れ入ります。
        とにかく色々な面で、「プロだなあ・・・」と思いましたね・・・。

        ペットボトル、昨日はどこに行くのもヒップバッグに入れて持ち歩いていました。絶対飲まない水を持ち歩く、痛い奴です(爆)
        nonkey37 | 2007/10/24 9:41 AM
        なるほど、飲まなくても持っているだけで効果あるんですね。
        おそるべし!モンロー水パワー(笑)

        ドリンクは、キャップできるお水がイチバン嬉しいですよね。
        こないだはメニューに水がなかったのでウーロンを貰い、その場で飲み干し、カラのコップをカウンターに戻してから場所探ししました。
        汗かく前後は水分補給が大事ですよ、ええ。


        >クアトロ前で轢かれた足の痛みはいかがでしょうか?(汗)ああいうのって痛いんですよねえ・・・

        ありがとうございます♪
        なんとなく痛いような、気にしなければ気にならないから何ともないような…。
        鈍さ発揮中です(^^;)
        まにゃーな | 2007/10/24 7:50 PM
        お疲れ様でございました。
        あの夜は右肩からくる頭痛のため
        薬を飲んで爆睡だったわたし(泣)
        (男子の皆様、ライブ中に
        女子の肩に腕を乗っけるのは止めてくれ・涙)

        翌日は、半ばヘロヘロでお仕事を頑張りましたけど、
        マイケルのあのパワー、あの若々しさ、
        ちょっと分けてくれないかなーなんて思ったりしています。
        みっちぃ | 2007/10/24 11:40 PM
        ★ まにゃーなさん

        あのときはビールとかもありましたが、アルコールなんか摂ったらライブで弾けられないのでジンジャーエールを飲んでカウンターに戻しました(というか、正確にはみっちぃさんが戻してくれました・笑)。

        そのときはまだフロア内に余裕があったのでそれが出来ましたが、満員になっちゃったら自分の場所から動けなくなってしまうし、タイミングが難しいですよね。

        ペットボトル持込可にしてくれないのはステージに投げ込まれたりするトラブル防止のためでしょうかね〜
        キャップができるタイプのほうが何かと便利だと思うんだけどなあ。
        nonkey37 | 2007/10/25 6:31 PM
        ★ みっちぃさん

        お疲れ様でした〜♪

        そう、「肘置き」にされるのは勘弁願いたいですね(汗)
        U2のとき、完全に私の肩が「肘置き」にされ、くつろいでいるような殿方が隣に居たので手で払いのけ、にっこりと「やめて♪」と言ってしまいましたよ(爆)

        ほんと、マイケルは元気ですよねー
        今回の新譜の曲「Fumblefoot And Busy Bee(千鳥足と働き蜂)」ってステージ上のアンディとマイケルがモチーフ・・・なんだろなあ やっぱり(笑)
        nonkey37 | 2007/10/25 6:44 PM
        わぁーーー!!!!HANOIボトルだぁぁぁぁあ!!!
        すごいですね!よかったですね(ToT)
        大阪も燃えました。。。

        >「作品をリリースしてライブを見せてくれる」・・・ファンにとってそれ以上の幸せってないね。

        おっしゃる通りです(;o;)
        基本なんだけど一番ありがたいんですよね。
        HANOIファンはそのありがたみが一番身に染みてわかってるんじゃないかなと思います。
        バンドが存在すること自体がこのうえない喜びですもんね。

        不躾ながら…大阪のセットリスト、転載させていただいていいでしょうか?
        やった曲は覚えてたものの、順番なんてさっぱり(^^;;;

        K2 | 2007/10/26 2:50 AM
        ★ K2さん

        上に振り上げていた右腕は平気なのに、ボトルを抱えていた左腕のほうが筋肉痛になりました。
        どんだけ力んで握り締めていたんだか(爆)

        セットリストはうちのも引用させていただいたものですので、気になさらず使ってくださいね〜♪

        クアトロなんて規模のライブだと、どこから観ていても至近距離な感じではないでしょうか。
        メンバーみんなの表情もしっかり見られるし、身体中で音を受け止められて幸せな時間でした。

        >バンドが存在すること自体がこのうえない喜びですもんね

        バンドが存在しないときはレコードやカセットテープ(時代が反映されてますが・爆)で「過去に存在した音」を聴いているしかなかったですからね〜 
        次のライブ(やアルバム)を楽しみに待っててもいい というのが一番嬉しいかな♪
        nonkey37 | 2007/10/26 6:34 PM
        初めまして!渋谷のハノイのセットリストの検索から来ました。
        私も、名古屋のクアトロのライブ観に行きました。ハノイのライブは、いつ行っても本当に全力でぶつかってくるので、ノリ甲斐があります。年のせいもあって(汗)、今回は後ろの方でしたが、飛んだり跳ねたりして最高に盛り上がりました。・・・が、周りは結構立ってるだけで、腕も上げない人が多かったです。
        前の方では、ファンの方がピンクのハットをプレゼントしていて、マイケルは嬉しそうに何回もかぶってました。
        名古屋では、「Motorvatin'」と「Center Of My Universe」をやりましたよ。
        ボトルゲットおめでとうございます!本当に彼はやさしいですよね。それに、昔から全く変わらないのは凄いことだと思います。
        現在は、5歳になる娘と一緒に車の中でずっと聴いています。ライブハウスはまだ子供には危険すぎて行けませんが、一緒に行けるのを夢見ています。娘もマイケルが大好きです!
        ハノイ結成時にはライブには行けませんでしたが、マイケルのソロ活動からずっと行っているので、また来日したら絶対に行きたいと思います。
        horsemen | 2007/10/28 9:02 PM
        ★ horsemenさん

        はじめまして ようこそいらっしゃいました♪

        名古屋公演のお話を聞かせていただき、ありがとうございます!
        様子を想像することができ嬉しいです。
        「Motorvatin'」と「Center Of My Universe」!いいですねぇ〜!
        ハノイのライブは私も前回からの参加ですが、熱気があって全力でやってくれるのが最高ですね。

        マイケルはキャパシティが大きいひとなんだなあとライブを観るたびに思います。
        観客に自分のパワーを切り分けて与えてくれるというか・・・彼は、ファンの喜ぶ顔を見るのが本当に好きなんだろうなー・・・
        何度もハイタッチをしてくれたり、水をかけてくれたり、花を振舞ってくれたり、そういういくつものファンサービスがどれも全然義務的でなく自然なんですよね。

        お子さんといっしょに好きな音楽を聴けるのは楽しいですね。
        うちの娘(18)とは一緒にライブに行けるようになりましたが、微妙に趣味が違っていて(汗)なかなかそういう機会はなかったりします。2番目の息子とのほうが音楽の趣味は近いかも・・・。

        子育て期間は私もライブには行けませんでした。ここ数年、復活モードになってきたかな(笑)
        次回の来日が待ち遠しいですね♪
        nonkey37 | 2007/10/31 12:21 AM
        nonkey37さん! お久しぶりです!&お疲れ様でした!!

        いやぁ〜!!熱い!ライブレポ、熱いっすねー!
        ライブの興奮が伝わってきて何だか興奮してしまいましたw

        それにしてもペットボトル…羨ましいwww
        ↑のコメントにもありましたが正に「家宝」ですね^^
        てかnonkey37さんが生きてるうちは開けちゃ駄目でしょw

        ハノイに関してはエルサレムスリムのアルバム買ったり
        したけど軽く聴いた程度ですが、やはりアクセルの尊敬する
        バンドということで敬意もあります。
        そしてラーズ(でしたよね?)の死によりバンドは一度、
        解散の憂き目にあったので、GUNSとは少し違いメンバーの
        絆みたいなものがより純粋で固かったのだろう(違ってたら
        ごめんなさい)という部分もより好意的なバンドです。
        (そのせいでヴィンスは昔から嫌い><)

        ライブそのものに対しても郷愁を抱かせるレポでした^^
        そして、にわかと言われ様とも行っておけば良かったな、
        という気にさせてくれる素敵なレポですね^^
        千葉県民 | 2007/10/31 4:35 AM
        ★ 千葉県民さん

        お久しぶりです♪

        夏にGUNS、秋にHANOIを観れるとは思っていませんでしたので今年はホントいい年でした!(ってゆく年くる年じゃないけど・笑)

        ペットボトルはヒップバッグに入れたまま何日か持ち歩いてました。重みは平気なのですが、結構かさ張ることに気が付いて、今は大事に仕舞ってあります(笑)

        ハノイの不運はラズルの早逝でした。(あ、名前は"ラズル"ね〜)
        でもマイケルとアンディも解散後はかなり険悪な仲だったりしたこともあったので、復活は驚きでしたよ・・・奇蹟ってあるんだなあと。

        >にわかと言われ様とも行っておけば良かったな、
        という気にさせてくれる

        そう言っていただけるとレポした甲斐があって嬉しいです♪
        ライブって結局のところ、行ってみて初めて分かることっていっぱいあるし、「ちょっと観てみるか」って気分でもいいからハノイのライブは是非一度観に来てもらいたいと思うんですよね〜
        彼らは凄いライブバンドなのにルックスの印象で軽薄なV系みたいに思われていた節も一部には根強くありますし(ルックスがいいと損なのか?・汗)
        今回はキャパが小さかったせいもあり一般発売開始後3分で渋谷のチケットは完売してしまったので、ラウドパークで興味を持ったひともたぶん単独には行けなかっただろうから、次の来日ではもっとたくさんの人に観てもらいたいなー。

        チケット代はGUNSの約半額なので、次回は千葉県民さんもいかがですか?(笑)
        nonkey37 | 2007/11/01 10:35 AM
        TBありがとうございました。
        エキのトラブルで長い事お待たせしてしまって、ホントにごめんなさい。
        というか、待っていてくださった事に大変感謝しておりますです。
        本当にありがとうございました♪

        新居は新居で妙な事になっているみたいなので若干不安があったものの、コチラからもTBさせていただきますね。
        妙な事になってしまったら、遠慮なく削除してください。
        まにゃーな | 2008/09/18 10:15 PM
        ★ まにゃーなさん

        こちらこそTBありがとうございます♪
        この記事のTBはほんと嬉しいです!
        MARUTAブログでのTB表示に最初びっくりしましたが、いまは落ち着かれている様子で何よりです。
        ブログは安定した環境で居て欲しいですもんね・・・。
        また新居のほうにもお伺いさせていただきます〜
        nonkey37 | 2008/10/02 9:05 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/157
        この記事に対するトラックバック
         ラウドパーク参戦の元はこの人達、ハノイ・ロックスを見たかったから、だね。まさかこの後単独公演があるとはなぁ、それなら単独公演に行ったんだけどねぇ、と思うもののおかげで色々なバンドを楽しめたのでまぁよし、っ
        Hanoi Rocks - Loud Park 07 Live | ロック好きの行き着く先は… | 2007/11/04 1:28 AM
        とりあえず、22日(月)東京のセットリストです。まつがってるトコロがあったらスマン。スマンじゃ済まさねー!とか言わないでね。こっちのTwelve Shots on the Rocksを持ってないんでよくワカランのだけど、7曲目はたぶんこれの3曲目だと思うの。必読!(笑)HANOI R
        HANOI ROCKS:渋谷・CLUB QUATTRO セットリスト | Untiled-Blog | 2008/09/18 10:10 PM