Singles 1990-1993 / ザ・ブルーハーツ | Paradise City

Paradise City

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << 選手がテレビ放映の犠牲になっていた? | main | タイトル画像がランダムで >>

    Singles 1990-1993 / ザ・ブルーハーツ

    Singles 1990-1993
    Singles 1990-1993 ザ・ブルーハーツ


    後期ブルーハーツのシングルを、カップリング曲も含め全て収録したアルバム。

    不思議に、「よく耳にするのだけれど、まとめてじっくり聴く機会があまりなかった」というバンドがあって、私にとってはブルーハーツがそれだったりします。
    今となっては伝説的存在のこのバンドを、私のようなハンパな奴が今更何を語れることがありましょうか・・・と内心で思いながらこうして書いてしまうわけですが。
    いいですね このシングルコレクション。
    ライナーノーツに評論家のレビューが載っていないのがイイ(爆)

    彼らが現役で活動していた頃、ブルーハーツの印象は「とんがっているバンド」。
    その頃は、パンク色の強い彼らの曲を聴いても「悪くないな」と思う程度で、正直それほど琴線が響かなかったんですが、いま改めて聴いてみて印象が随分変わりました。

    何と言うか・・・優しげな曲や歌詞を「売り」にしているポップ・シンガーよりも、ずっと優しく温かいと思う。
    この秘められた優しさに気付くまでに私は何年かかっているのか(遅いよ・汗)
    だけど同じ曲でもひとそれぞれ聴く時期によって、曲の受け止め方は変わっていくものですよね。
    誰の上にも雨は降るけど
    時々そしらぬ顔をして
    チャンスも降ってくる
    「チャンス」

    車輪の下で苦しむより
    長い靴下を履いてる
    ピッピと遊びに行きたいな
    ほら男爵も誘おうか?
    「俺は俺の死を死にたい」

    どの曲も、言葉で直接は言わないけれど、スケールの大きな優しさがあります。
    ヘッセよりリンドグレーンだよと、長靴下のピッピを持ってくるあたり、実は文学少年だったんですねぇ(笑)
    システムの車輪に踏み潰されるな、窮屈なシステムから飛び出してやろうぜあのピッピみたいにさ・・・重いテーマを扱いながらも重苦しくならない見事な暗喩。
    男の人でピッピを楽しめるひとは素敵です。何せ「世界一強い女の子」のピッピですからね。
    余談ですが、ああいう破天荒な物語を楽しめる子供は、年々減っているらしいです。分別を覚えてしまうと「こんなことあるわけないじゃん」と冷めた目で読んでしまうらしい。
    でも、冷めきらない眼で世の中を眺めることの出来るスタンスを持ち続けていないとアーティストにはなれないと思う。

    歌詞カードには曲それぞれのヒットチャート順位がデータとして添えられていますが、例えば。

    「1000のバイオリン」初登場47位 最高位47位 チャートイン2週連続
    「夢」初登場28位 最高位14位 チャートイン15週連続
    「TOO MUCH PAIN」初登場29位 最高位29位 チャートイン3週連続
    「夕暮れ」初登場71位 最高位71位 チャートイン1週

    1位になったのは、このアルバムの中では唯一「情熱の薔薇」のみです。
    意外に、その当時のチャートでは低かったんだな というのが、数字で分かるようになっているのですが、「名曲」として後世に残る曲が必ずしもヒットした曲とは限らないという逆説を証明しているようにこのデータから感じました。
    データを添えたのは、わざわざそこに気が付かせるためだったのかも。
    0
      [Rock] J-Rock | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        出た、琴線ネタ(爆)。
        私はマメに聴いてました。コンサートも行きましたね。ヒロトは今も、好きなタイプの男です。
        私は「夕暮れ」が一番好きなんですよ。今まで見た中で一番好きだった舞台で使われていたからかもしれません。あれを聴くと、涙が出て来ます。
        >ヘッセよりリンドグレーンだよと
        わかりますね。ピッピは、私にとっても子供の頃のヒロインでした。嫁に行くのに持ってった、ぼろぼろの本の一冊です(爆)。
        acoyo | 2006/06/28 9:40 PM
        >同じ曲でもひとそれぞれ聴く時期によって、曲の受け止め方は変わっていくものですよね

        激しく同感です。
        1000回単位で聴いてる曲でも、ある日突然心を鷲づかみにされることもある・・・
        と、最近よく感じます。・・・トシのせいでしょうか(笑)。

        と、同時に、何度聴いても「あの日あの時」へばびゅーんと連れていってくれる曲もあり
        私のレコードプレーヤーも「いつでも14歳に戻してやる」と言ってます。
        ・・・ってそれはハイロウズでしたね。すいません(^^;)。
        うさぎ | 2006/06/28 11:48 PM
        ★ あこさん

        ブルハのコンサートって楽しそうですね〜!このアルバムにもライブバージョンがいくつか入っていますが、すごくイイです。ライブ映えする曲って好きなんですよね〜。
        「夕暮れ」は私も大好きです。ごく平易な言葉しか使われていないのに、愁いのある歌詞ですよねえ・・・

        ピッピ、あこさんのヒロインでしたか(笑)
        今うちにある3冊の「ピッピ」はこどもたちのお気に入りです。最近は専ら図書館の本を利用する事が多くなったのですが、ピッピは手元に置いておきたい作品のひとつですね。
        nonkey37 | 2006/06/29 9:44 PM
        ★ うさぎさん

        >1000回単位で聴いてる曲でも、ある日突然心を鷲づかみにされることもある・・・
        と、最近よく感じます。・・・トシのせいでしょうか(笑)。

        私もそういうことが増えました〜(笑)
        以前はそれほどでもなかったのに・・・っていうのは、有る意味自分にとっては「新しい出会い」なんですよね。
        これがあるからロックファンはやめられないんだなあ〜

        >何度聴いても「あの日あの時」へばびゅーんと連れていってくれる曲

        ありますね〜!
        そこはやっぱり「18 till I die」で行きましょう!(笑)
        あ、これはブライアン・アダムスでした(^^♪
        nonkey37 | 2006/06/29 9:54 PM
        ブルハはもう、上手に語れないくらい好きなんですけれども

        「生きていることの証明に 私の涙をビンに詰め
         宇宙のどこかに置きましょう 結んで解くメッセージ
         私はきっと悲しみの 真ん中あたりで泣いている
         私はきっと喜びの 真っ只中で笑うんだ
               (ナビゲーター/甲本ヒロト)」

        昔、その一節に「もっと肩の力抜けよ」と、
        ポンと背中を軽く押されたような気がしました^^
        みっちぃ | 2006/07/02 6:00 PM
        ★ みっちぃさん

        みっちぃさんのオススメもあって、ブルハをまとめて聴いてみたいなあと、前からずっと思っていたのがやっと実現した感じです(笑)

        ヒロトの歌詞はふとしたところで何気なく胸に迫ってきますね。
        「旅人」の
        「爆発寸前の花火のような
         レコードが好きだった」
        にはヤラれました〜
        nonkey37 | 2006/07/03 4:24 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/16
        この記事に対するトラックバック