いつまでもアヴァンギャルドなひとだなあと思う | Paradise City

Paradise City

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << Long Road Out Of Eden / EAGLES | main | Velvet Revolver 来日中止 >>

    いつまでもアヴァンギャルドなひとだなあと思う

    筒井康隆さん、73歳でライトノベル作家に (MSN産経ニュース)
    「虚人たち」「朝のガスパール」などの著作で知られる日本を代表するSF作家、筒井康隆さん(73)が若者に人気の「ライトノベル」を執筆することが、9日までに発表された。筒井さんの公式ホームページによると、「ビアンカ・オーバースタディ」というライトノベル作品を2008年1月発売予定の雑誌「ファウスト」(講談社)に掲載する。詳細は未定という。
     ライトノベルは、挿絵を多く含み中高生向けの内容・文体で書かれた作品の総称とされる小説の1ジャンル。一般小説とは区別して扱われることが多く、文学賞受賞経験も多いベテラン作家がライトノベルを執筆するのは異例。

    すみません。記事が短かったので全文引用させていただきました(汗)
    わたしは筒井康隆氏の作品が好きで、中高生の頃はよく読みました。というかあの頃は読書家だったよな・・・最近はめっきり読書のペースは落ちておりますが・・・。

    筒井作品は全作読破しようと試みたこともあったのですが、追いつかなくなってしまって悔しかったなあ。
    こっちは読むだけなのに日常に追われているうちに新しい作品が増えているから、なかなか追いつかない・・・みたいな感じでしたもんね。
    自分が受験生になってしまうと完全に追いつかなくなってしまいましたが。
    絶筆宣言にしても「またまたあ」と思いつつ内心ちょっと不安だったのですが、執筆再開してくれてほっとしたです。
    やっぱりね、ある時期に読みふけった作家さんの存在というのはね、しばらく離れていても気になるもんなんですよねー。

    上記の記事、型破りで実験的作品も多い筒井作品が好きなひとはきっとそれほど違和感を感じないでしょうが「文学賞受賞経験も多いベテラン作家がライトノベルを執筆するのは異例」なんて書かれていますね。
    だけど、ライトノベルというカテゴリが過去に無かっただけで「時をかける少女」とか七瀬シリーズなんか、まんまラノベになってもおかしくないシチュエーションだよ。まあ、「家族八景
    」はリアリティありすぎなデフォルメが生々しいので、ラノベ向きでなかろうという部分もありますが・・・。「七瀬ふたたび」のほうがドラマチックではあるかな。
    どちらにしても、超能力少女が活躍するというテーマはまんまラノベでいけるでしょう。
    「時をかける少女」は実写映画のほかにアニメ化もされていたらしいです(知らなかった)。

    SF作家さんがラノベを執筆すること自体は不思議ではない気がするな。
    いまでこそSF作家は市民権を得ている風ですが、昔は純文学の世界から「SFなんか」と相当見下されていたようで。(過去のエッセイなどではそれについて触れたものも・・・)
    こういうクロスオーバーを通して権威主義的な文壇に風穴を開けようとしてくれているのか、それともただの好奇心か、その両方なのかはわかりませんが、どんな作品が出てくるのか単純に楽しみ。
    0
      [本] 小説・短編 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        ……ううん、複雑。まったく売れずに食いかねて、なおかつ書けずに泣いている身としては、ホント複雑、ショバ荒らしってやつ?(爆)。
        まあ、私事は別にして(汗)、あの業界は今、空前の不況ですから、真っ当な作家さんはみな危機感抱いてるみたいです。そういった大家の方々が慣れ親しんできたジャンル自体が崩壊しつつあるって感じのようで。
        ただ、お若いときはジュブナイルとかも書いてらしたんで、抵抗が無いのかも知れません。
        acoyo | 2007/11/17 4:44 PM
        ★ あこさん

        >ショバ荒らし

        あっ、そうとも言えますね(爆)
        私は彼くらいメジャーなひとがラノベに進出したら、普段ラノベコーナーを覗かないひとも覗きに来るんじゃないかなと読者層が新規開拓される気がして、甘く考えていました(汗)

        SF という小説ジャンルが古臭い空気を帯びてきている気もしますね。
        ロックの世界もここ数年で「エモ」とか「コア」とかパッと聞いても何が何だかよく分からないカテゴリが現れてきてますが、実際に聞いてみると従来のロックの焼き直しみたいなものも多くて、新しい言葉で細分化したいのは誰なんだろうと思うことがあります。
        nonkey37 | 2007/11/18 3:01 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/162
        この記事に対するトラックバック