他ならぬ思い入れがあるというのは時に厄介でもある | Paradise City

Paradise City

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << Merry Christmas | main | あけましておめでとうございます >>

    他ならぬ思い入れがあるというのは時に厄介でもある

    増田勇一のライヴ日記 年末七番勝負(4)2007年12月27日(木)吉井和哉@東京・日本武道館 / BARKS NEWS
    ↑をニュースで読み、「ああ、いま吉井さんはこんな感じなのか」と。
    彼のソロは、もうどうにも自分の琴線に触れなくて、いくら好きなロックバンドのアーティストで他ならぬ思い入れがあったとしても作品が好きになれないことというのはあって・・・(これは90年代のU2でもそうでした)
    思い入れの大きいアーティストの作品を好きになれないというのも、それはそれで哀しいもんです。好きなはずなのに何で みたいな。とはいえ無理に好きになることは出来ないし・・・まあ、そんな別居時代もあるんですよファンには。
    でも活動している姿は気になるのが微妙なところでニュースが載っていれば読んでしまう。特に、このライブレポは書いているのが増田さんだから、素直に読めましたね。
    個人的に、ロキノン系のライターの記事は賞賛であろうと批判であろうとすんなり読めない部分が私にはあって。
    12月28日に武道館と言えば「メカラウロコ」と連想するひとは、いまどれくらい居るんだろうな・・・と思っていたのだけど、増田さんはちゃんと思い出してくださっているようで(笑)

    で、今さらながら買っちゃったのがこれ。
    THE YELLOW MONKEY LIVE BOX
    THE YELLOW MONKEY LIVE BOX
    10枚組みDVDなのですが、ボーナス・ディスク以外は全てビデオで所持済み。よって、内容の殆どは既に観ている作品ばかりなのですが、未公開フィルムのボーナス・ディスクが見たくて見たくて・・・。
    愚かだなあと自分でも思う。
    とにかく、そのなかの「Merry X'mas」がずうっと見たくて見たくてしょうがなかったんですが、やっと見れましたよ。うう。
    「Juagar Hard Pain」とその前後のアルバムで演じた、吉井和哉のジャガーとマリー。
    まるで古いフランス映画のようなマリーの装いを身に付け、エメラルドの指輪をきちんとはめて歌う彼の姿を観ていると涙が出てきそうになります。

    このボーナス・ディスクの目玉は、中盤の、「4000粒の恋の唄」 (1994.7.17/日比谷野外音楽堂)から、「Love Communication」(1995.12.31/渋谷公会堂) を経て、「Merry X'mas」 (1998.12.28/日本武道館)に続くところだと思う。
    「4000粒の恋の唄」でマリーとして歌い、「Love Communication」で自堕落なジャガーを演じ、「Merry X'mas」でジャガーとマリーの二役を歌い分けるという構成は、圧巻。
    ライブの時期は違うのですが、時を越えていくストーリーなので妙なリアリティがあってね・・・

    mary


    わたしは90年代にはかなり音楽シーンから遠ざかっていたので、彼らがリアルタイムで活動している時代を知りません。
    ああ、失敗したな・・・と後悔してもどうにもなりませんが、解散のときのフィルム・コンサート「メカラウロコ・15」で黒服を着たメンバーが出てきて「JAM」をやった、あれだけが生で観た姿なので、このDVD BOXの最後の曲が「JAM」となるとどうしてもあの場面が思い出されてしまうんですね。
    あのJAMがものすごく昔のような、つい先日のことのような、不思議な気分になります。

    The Yellow Monkeyのことについて書き出すと、ぐだぐだでまとまりがない文章になってしまうのでjugemに来てからはあまり触れずにいたのですが、いまUpしないとまた没エントリにしてしまいそうなので勢いでUpしてしまおう。えい。
    0
      [Rock] It's Only Rock N' Roll | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        わたし、QUEENとの別居期間は長かったんですけどね、
        復縁できたのは彼らが「解散」してなかったからだ、
        と最近思う(いろんな意味で・苦笑)


        >ロキノン系のライターの記事は賞賛であろうと批判であろうとすんなり読めない

        全く以って同感(笑)
        渋○○一の息のかかったライターの書くものは
        信じられないの、わたし

        ああ、人様のコメント欄で文句垂れたくないから
        もうこれ以上は言わない(爆)

        みっちぃ | 2007/12/31 12:35 AM
        記事タイトルに、心の底から同感です(^^;)。

        しかし、いつも間かその「厄介」さ加減も快感に・・・
        ってアヤシイ人みたいなことを言ってる私は、例のバンドと
        「正式別居」こそなかったものの「家庭内別居」的な
        状況に陥ったことが・・・(爆)!

        今年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)。
        ぷー | 2008/01/01 3:54 AM
        ★ みっちぃさん

        歳が明けてしまいました(汗)
        あけましておめでとうございます〜

        >復縁できたのは彼らが「解散」してなかったからだ

        みっちぃさんに言われて初めて気付きました それ。
        うーん それは・・・実に重要な要素ですよね・・・
        わたしもU2と“復縁”できたのは、それがあったからこそだし。
        ソロってやっぱり、バンドとは相当に別物なんだと思う。

        ロキノン系のライターに関しては・・・去年のGUNSレポの一件で完全に愛想が尽きました(爆)
        観客の感覚と余りに乖離した論調はほんとヒドかった〜。個人的主観が混じるのは別に構わないのですが、同人誌じゃないんだからもっと事実をちゃんと伝えようとしてくれないと観に行けなかったひとは誤解してしまうよね。
        まあ今は多くのBlogでライブレポが読めるし、そっちのほうがよほどリアルなレポを読めるのでアレを鵜呑みにするひとはあんまり居ないんだろうけどね(爆)
        nonkey37 | 2008/01/02 11:45 AM
        ★ ぷーさん

        あけましておめでとうございます♪
        今年もヨロシクお願いいたします〜

        >家庭内別居

        思わず笑っちゃいました〜
        そうそう、別居といっても完全別居ではなく、そんな感じですよね気持ち的には(笑)
        思い入れは自分勝手なものではありますが、大体においてそれは「恩」とも言い換えられたりしませんか。それも全くこちらの一方的なものとはいえ(爆)
        nonkey37 | 2008/01/02 5:55 PM
        わははは、ロキノン批判に正月早々、わざわざ出てくるなよと言われそうですが、ご心配なく、私はロキノンとは90年代半ばから別居に入り、今ではめでたく離婚状態です。ただ、
        >観客の感覚と余りに乖離した論調はほんとヒドかった〜。
        ってのはもう全メディアそうですよね。だもんで、音楽誌も映画誌もまったく読んでないんですよ。
        己の主観のみで暴走して一切批判しないか、己の主観+イデオロギーさえ絡んで批判しかしないか、どっちかという気がします。渋谷の発言で申し訳ありませんが、「正当に評価し、正当に批判する」って相手への最低のリスペクトがないんですよね、プロのくせに。
        んで、今はやっと親戚ツァーも一段落して、年末に買ったレディオヘッド(nonkeyさん、お好きじゃないだろうなあ、ごっめんね〜)の新譜を横目でにらみつつ、別居が正式離婚に突入するかもって感じで、怖くてまだ聴けないの(爆)。

        acoyo | 2008/01/03 8:53 AM
        ★ あこさん

        >己の主観のみで暴走して一切批判しないか、己の主観+イデオロギーさえ絡んで批判しかしないか、どっちかという気がします

        ああ、そうなんですよね〜
        自分では言葉に出来なかったのですが、そんな風に言ってもらえてすっきりしました(笑)
        神格化するか敵視するかどっちかみたいな・・・極端なんですよねえ。

        >「正当に評価し、正当に批判する」

        渋谷さん、こんなこと仰ってたんですねえ(爆)
        いやいや、その通りであれば無問題なんですが氏の影響下にある某雑誌は・・・(以下自粛)

        >レディオヘッド

        LastFMの自分のチャート見るとね、何気に結構聴いてるんですよレディヘ。何でだろーと思うんですが(笑)
        あこさんお察しの通り(っていうか、よくわかるなぁ・笑)すみません、正直言うと「好きなバンド」とは言えないですね(汗)
        でも
        >別居が正式離婚に突入するかも
        という危惧はよくわかります。
        別居したことはないのですが、過去への思い入れがある分、ハノイの復活1st聴くのは勇気要りましたもん。
        ああ、吉井のソロ3rd・4thはもう結局聴いてもいないわー(爆)
        nonkey37 | 2008/01/10 5:39 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/170
        この記事に対するトラックバック