選手生命と引退の時期と | Paradise City

Paradise City

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << 「日本人のサッカー」 | main | 夏の予定を決めるのも >>

    選手生命と引退の時期と

    中田選手の現役引退宣言から数日経ち、あちらこちらで惜しむ声が聞かれます。
    「早い引退だ」という意見が多数ですが、これはひとえに「世界に通用するプレイヤーである中田」だからこそ「早い」と言われるのであって。

    一般的なサッカー選手の引退平均年齢は実は25.5歳だそうです。Jリーグをリストラされて・・・の人も含めての数字なので、もっと早い時期に引退する選手も少なくないでしょう。
    プロ野球選手の引退平均年齢は約29歳だと言いますから、サッカー選手の寿命の短さが分かります。この差そのものはほんの3年半なのですが、20台の3年半って相当重いですよね。単純に比較して、プロとして得られる収入も3年分以上違うし、選手としてサッカーに関わることの出来る時期も短いわけだし・・・。

    以前書いたエントリで漫画「シャンペン・シャワー」を取り上げましたが、そのなかでも登場人物の1人「マルロ」がよく引退後の仕事について呟きます。
    彼マルロは作中ではまだ20台後半なのですが、自分のことをロートルと認識していて「いつまで続けていけるのかなあ」という不安を常に抱えています。
    チームの後輩にも
    「お前はいいよな器用だから。何でも成功しそうだもんなあ。それに比べて俺なんか・・・」
    というようなことをボヤく(爆)
    そんなみっともない弱音を時々吐きながらも、勝ちに対する執念はひと一倍強く、不屈の闘志でチームを引っ張る愛すべきキャラなのですが(笑)
    ストーリーのエピソードにプロ選手の現実が描かれ、「一体、自分は引退したら何ができるんだろう」と考える姿が出てきます。
    サッカー選手の厳しい現実がテレビドキュメンタリーになっているこんなページを読むとJリーグで戦力外通告を受けた選手達の様子も、少しだけうかがえます。

    サッカー選手の感覚では26歳を過ぎれば「ベテラン」なんだそうで。
    ですから、20台後半になってもプロとして選手を続けることが出来る、またそれを周囲から求められる・・・というのは、ごく一握りの「スター選手」である証拠なんですね。

    一度引退しながらもまた求められて戻って来たジダンは今34歳。
    それを思うと、中田もまだまだ大丈夫なのに と思ってしまうけれど、それもファンの勝手な期待。彼の「引退後の人生」は彼だけのもの。
    なのに、あちらこちらからとやかく言われるのは面倒なことだろうなあ。

    でも今回、色んな人のコメントが報道されていましたが一番ウケたのは
    「残念なことだ。まだ若いので、後悔するのではとも思う。考え直すように、電話で説得するよ」

    ↑というデルピエロの言葉でした(笑)

    「中田は自分一人で引退を決めたことを、若い世代に示したかったのではないか。日本の社会システムでは難しいことだろう。今回の決断は、彼の性格をよく示している。
     決断は尊重すべきだろう。ただ、日本のサッカー界にとっては、大きな損失だ。彼は日本のリーダーであり、原動力だった。日本にとっては、非常に残念なことだ。」

    ↑トルシエ前監督のこのコメントも印象的。
    「日本の社会システムでは難しいことだろう。」というあたりに実感がこもっている感じが。
    (※ トルシエのコメント全文はこちら

    まにゃーなさんちの「色々と騒がしいようだ」でも書かれていますが、もう早々に
    引退戦は中田ジャパンVS世界選抜(スポニチAnnex)」
    なんて計画も上がってきているらしいですね。
    この場合誰が監督するのだろ?
    古田さんみたいに監督兼選手としてやったら、観る方としては面白いかも。中田JAPANとネーミングする限りはそれでもいいような。
    でも、ホントに将来「中田JAPAN」と呼べる代表チームが実現すればいいのに とはちょっとだけ期待していたいもんです。
    0
      [スポーツ] サッカー | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        TBありがとうございました♪
        デルピエロの言葉はテレビで見たんですけどね。ちょっと訊かれただけ(社交辞令程度に何か言うだけで良かったハズ)なのに、真剣に話し始めてしまった事に途中で気づいたらしく、ハっとしたような表情になってました(笑)
        一旦言葉を切り「直接本人に電話して説得するよ」みたいな事を言いながらその場を立ち去ってました。笑えます、デルピ。
        トルシエの言葉にも愛を感じます。

        それにしても、サッカー選手の引退平均年齢が25.5って、改めて数字を見せられると驚いてしまいますね。平均ってことは、もっと早く(怪我もしくは芽が出ずに)引退する人もザラって事なんですよね。
        29歳で「まだ若い」と言われ、惜しまれて去って行くナカータもカッコいいですけど、生涯現役を目指す39歳カズや38歳ゴンちゃんが頑張っているってゆーのも本当に凄い事なんですよねぇ。
        どちらにしろ、引退時期を自分で選べるのはやっぱり超一流の証なんですね。

        そうそう、ヴァンフォーレ甲府 所属選手も結構大変みたいですよ(金銭的に)。ウチの姉がよく「プロなのに可愛そうなのぉ〜」とか言ってます(^^;)
        一応J1に昇格したから、年俸は上がったかな?とは思いますけど、カツカツ運営の市民球団だからご苦労が多そうです。
        まにゃーな | 2006/07/07 3:43 AM
        まにゃーなさんとこでも書きましたが、嫌な議論をしちった後だけに、こういう風に書かれたの読むとほっとする(爆)。
        私、サッカーのことわかんないんですが(元ウィングのシーゴラスにも見捨てられたw)、スポーツ界全般に、他の業種なら「これから」の年齢で去ってくってのは毎回、ううむと思いますね。そして、書かれているように、その潮時を自分で決めることができるのは「実績」なんだなとやって来たことの積み重ねの結果なんだなと。
        (あ、これって↓に書いたことと絡むかも。真っ当に勝負して真っ当に勝ったり負けたりして、悔しさも積んで来た積み重ね=「力」ってことかしらん)
        まあ、業績を上げた選手なら、そっから先が「余生」でも仕方ないと思います(ミュージシャンだって旬は早いし、一瞬だし)。でも、「余生」にしない人も大勢いて、それはそれで人生っていろいろだな、凄いなと思います。
        acoyo | 2006/07/07 1:57 PM
        ★ まにゃーなさん

        >真剣に話し始めてしまった事に途中で気づいたらしく、ハっとしたような表情になってました(笑)

        あ、そんな感じだったんですか〜
        私、その場面テレビでは観ていないのですが、まにゃーなさんのコメントから状況が想像できて、笑ってしまいました(笑)

        トルシエのコメント、これ読んで彼の人柄を見直しました(って言うと何かエラそうだけど上手く言い表せない)。
        もっと感情的なタイプなのかと思っていたので、意外だったというか・・・。
        選手のことをよく見ていたひとだったんだなあ〜と。

        >平均ってことは、もっと早く(怪我もしくは芽が出ずに)引退する人もザラって事なんですよね。

        そうなんですよね。
        地味な選手の引退はニュースにもならないけれど、どんな競技であれ絶対そういう選手のほうが多いんですもんね〜 厳しいなあ・・・

        >そうそう、ヴァンフォーレ甲府 所属選手も結構大変みたいですよ(金銭的に)。

        中学・高校の部活動やクラブチームでやっていくうえでもとにかく色々とオカネがかかっていただろうに、プロになってからも経済的に安定しないんじゃツラそうだなあ〜(><)
        何とかがんばって欲しいですね。
        nonkey37 | 2006/07/10 7:18 PM
        ★ あこさん

        >まにゃーなさんとこでも書きましたが、嫌な議論をしちった後だけに、こういう風に書かれたの読むとほっとする(爆)。

        あ、例のヤツですね(笑)まにゃーなさんちで拝見しました。
        妄想の偶像に腹を立てているということを自覚していないとイタイですよね。
        あこさんの例とは逆ですが、BARKSの某シンガー紹介ページで「このアーティストの魅力は?」というベスト3に「人間性」がランクインしていたのを見たとき愕然とした私です(爆)
        だってそのシンガーの人間性なんてそれこそ「あんたそんなもの知ってるのか・・・?」って気になりましたからねえ〜
        そんなことを思い出しました。
        こういうファンって、どこかに自己投影している部分がありがちなので自分の理解のキャパを超えると勝手に裏切られた気分になっちゃうんですよね。
        って、そんなこと書きながら、自戒しなくちゃと思ったり(笑)
        nonkey37 | 2006/07/10 10:00 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/22
        この記事に対するトラックバック