「こころの傷を読み解くための800冊の本」 | Paradise City

Paradise City

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << ライブに行くならやっぱり・・・ | main | 月はチーズで出来てるって・・・ >>

    「こころの傷を読み解くための800冊の本」

    こころの傷を読み解くための800冊の本

    こころの傷を読み解くための800冊の本 総解説
    赤木 かん子 編著

    久しぶりに読み応えのある本を読みたいのだけれど、何かないだろうか と思いながら図書館でふらふらしているときに見つけた一冊がこれ。ちょっとタイトルに引いてしまいそうになりますが、内容は等身大で非常に読みやすいものです。
    「AC(アダルトチルドレン)」を中心軸として「アイデンティティ」「依存」「共依存」「虐待」「癒し」それぞれのカテゴリに沿った視点で読み解くブックガイドなのですが、ひとつひとつの書評が約400字くらいで、扱っている本は漫画あり児童書あり大人向けありで縦横無尽。難解なガクジュツ的書物は皆無です。
    何より赤木さんを始めとする書き手の視点がとてもいい。

    漫画では特に萩尾望都作品と山岸涼子作品が頻出しています。
    “エイジズム”で大友克洋の「童夢」を取り上げ、“フェミニズム”で「内田春菊の悪女な奥さん」、“アルコール”で中島らもの「今夜、すべてのバーで」“ACとは何か”で三原順の「はみだしっ子」を取り上げる・・・。このラインナップはほんの一例ですが、興味深いでしょ?(笑)
    様々な心的外傷という切り口から書かれたブックレビューなのに、重くはなく押し付けがましいところもなく、その事実はいつも日常のそこここに在るのだよ と提示してくれます。

    横着な私などはこれを読んだだけで何とはなしに満足してしまいそうになるのですが、そこは赤木かん子氏も心得たもの。
    ・・・この本だけを読んでもおもしろく感じてもらえるようには作ったつもりですが、原著、紹介した本のほうが何倍もおもしろく魅力的なのはいうまでもありません。
    どうぞ、紹介した本、そのもののほうもお読みくださいますよう・・・・・・。

    前書きで釘を刺されてしまい思わず笑ってしまいました。

    へえ こんな物語があるのか・・・と初めて知った絵本や児童書があったので、今度読んでみようと思います。
    0
      [本] エッセイ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        私は「この本だけ」読んで、満足してお腹いっぱい♪とゆーよりも、全て読んだ気になってしまうタイプかもしれません。
        イカンイカン(;^_^A

        何か本を読みたいけど特に読みたい本が無いとき、こーゆー本で紹介されてるものを探すとゆーのもいいかもですね。
        まにゃーな | 2006/08/08 5:55 PM
        ★ まにゃーなさん

        >私は「この本だけ」読んで、満足してお腹いっぱい♪とゆーよりも、全て読んだ気になってしまうタイプかもしれません。

        わかります(笑)
        質のいいブックレビューって、結構そういう気にさせてくれるのも多いですよね。

        読んだことのある作品について書かれたレビューを読んで、その感じ方に温度差がありすぎるとこういうブックガイドを読む気が失せますが、この本ではわからないものはわからないと素直に書いてあって、変に知ったかぶりをしない姿勢に好感が持てましたよ〜
        nonkey37 | 2006/08/09 11:38 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/32
        この記事に対するトラックバック