月はチーズで出来てるって・・・ | Paradise City

Paradise City

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << 「こころの傷を読み解くための800冊の本」 | main | 時代錯誤なヒトビト >>

    月はチーズで出来てるって・・・

    チーズ・ホリデー

    発明家の英国紳士ウォレスとその忠実(?)なる愛犬グルミット。二人は大事なホリデーを前に行き先を思案中。
    ひと息入れようとお茶とクラッカーを用意するウォレスだったが、大好物のチーズを切らしていたことに気づき、どうせ旅行に行くならチーズのおいしいところへ行こうと思いつく。そして、ふと見上げた窓の先には美味しそうに輝くお月様。さっそく、相棒のグルミットとともに宇宙船を作り、いざ月へ向けて旅立つのだった……。

    昨夜、BSで放映してましたね〜「ウォレスとグルミット」。
    パート1の「チーズ・ホリデー」でウォレスが言う台詞
    「月はチーズで出来てるって昔から言うじゃないか」
    って(笑)
    イギリスや欧米などではそんな風に言われているらしいですね。
    「お月様ではうさぎが餅つきをしている」というのと同じような感じでしょうか。

    作品の月では番人(?)のロボットくんが居て、月(チーズ)を切り取り食べ始めたウォレスにお仕置きをしようと追いかけてきます。確かに月の住人からすれば侵略者であり環境破壊だもんね これは(爆)
    しかし、ウォレスの持っていた「スキー・ツアー」のパンフレットを見て地球でのスキーに憧れを持つロボットくん・・・。

    そもそもイギリスには高い山が少ないため、大規模なスキー場は無いらしい。(そういえばイギリス人のアルペンスキー選手とかスノーボードの選手、見かけないよね)
    そうしてみると、この「チーズ・ホリデー」はイギリス人の夢をモチーフにした作品だったんだなあ。
    最初は気付かなかったディテールにやっと気がつきました。
    これが、ニック・パーク 美術学校時代の卒業制作だなんて凄すぎる〜
    0
      [思うままに] 映画あれこれ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        本題と違うトコロの反応で申し訳ないんですけど、そういえば「月はチーズで出来ている」って、「言い」はしないけど「聞き」ますね。
        何でしょう。月の満ち欠けのナゾを問われた時、ちょっと夢を持たせようっつーカンジで「誰かが食べちゃったのかな?」とか教えるんですかね。
        フと見たらば、nonkey37さんのネームカード、美味しそうなお月様ではないでですか。
        まにゃーな | 2006/08/18 2:24 PM
        ★ まにゃーなさん

        >フと見たらば、nonkey37さんのネームカード、美味しそうなお月様ではないでですか。

        あっ ホントだ!(指摘されて自覚するとゆー・・・)
        実は携帯のメアドに入ってるんですよ「moonlight」が(笑)
        月の満ち欠けをチーズに例えたのであれば微笑ましい感じがしますね〜
        うさぎも餅つきをしているし、見た目が美味しそうなんですね 月って(笑)
        nonkey37 | 2006/08/22 11:23 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/33
        この記事に対するトラックバック