道路っていつもこんなに危険だったのか・・・ | Paradise City

Paradise City

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << ネット通販と配送のあれこれ | main | U2/Achtung Baby 〜CDレーベル・アルバム〜 >>

    道路っていつもこんなに危険だったのか・・・

    最近やたらニュースで飲酒運転絡みの記事が目に付く。
    でも、これって今まではとりたててニュースにならなかっただけで、たぶん少なからず起きていた事故だったんだろうな。
    8月末の福岡の事故は痛々しかった。こういう犠牲を伴った重大な死亡事故が起きないと社会問題化しずらいというのもおかしいけど、悪質なドライバーが野放しなのも恐ろしい。

    ↓こうした大事故を重く見て、こんなふうに厳罰化の方向に向かっているようです・・・が
    酒気帯び規制強化検討 福岡事故受け警察庁、基準値下げ (asahi.com)

    では過去に厳罰化して飲酒運転が減ったかというと、実際には統計的には実効性は薄いみたいですよね。
    ↓むしろこんな状態を引き起こしている側面も。

    飲酒運転厳罰化でひき逃げ急増 (市民メディア・インターネット新聞JANJAN)

    うう・・・ひき逃げ急増って怖いなあ・・・。
    そもそも飲酒運転をするヒトというのは、「自分は大丈夫 そんなヘマはしない」 と思っているから、厳罰化しても抑止力にはならない可能性も。
    うちの長女は某ファミレスでバイトしているので内情を時々聞きますが、ランチタイムからビールを注文するヒトは結構多いんですよね。そのファミレスは幹線沿いにあるのでお客の殆どは車で来店するのですけど、注文を請けながらも「このヒト、車じゃないのかな?」と他人事ながら心配になることもしばしばあるらしい。だからといって、絶対に車で来ているという確信を持っているわけでもないので注文拒否するわけにもいかず、多くの飲食店ではやや考えながらも提供してしまうのが現状なんですよね。

    じゃあ、実効力のある対策って何があるんだろ と思っていたらこんな記事が。
    刑事罰として更なる厳罰化が妥当かどうか。また、意識改革に委ねるだけでは飲酒運転の事故を根絶することは難しいのではないか。ハードウェアを含めて、飲酒運転を抑止していく仕組みが必要という声が出てきている。
    そのなかで、いま注目されているのが、アルコールを検知する「アルコール・インターロック」という装置だ。装置に吹きかけた運転者の呼気を検査、微量でもアルコールを検知すると、アラームが鳴ったり、エンジンの始動を不可にする。
    なくならない飲酒運転による事故 厳罰化による効果薄らぐ!? (JAFMATE)

    これは画期的!
    「装置に吹きかけた運転者の呼気を検査、微量でもアルコールを検知すると、アラームが鳴ったり、エンジンの始動を不可にする」
    これが一番いいでしょう。やろうと思えば日本の技術なら即行可能なはずだよ。
    厳罰化よりもこちらを早く全車に義務付けして欲しいなあ〜。
    0
      [思うままに] 時事ネタ | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        自分は東京23区内にしか住んだ事がないんで、地方都市とかの事情はワカラナイんですけどね。場所によっては車通勤しか手段がなく、仕事帰りに「一杯ひっかけるだけなら…」から気が緩んで相当量の飲酒→飲酒運転を日常的にするようになる。しかも、運転代行サービスなんてモノもご近所にないのかも……なんてことを最近のひき逃げ報道の増加でちょっと思っていました。
        が、中には横浜市か何かで、踏切で電車と衝突なんてのもありましたんで、必ずしもそーゆー状況からやむを得ずではないのだなぁと。

        やはり、どこかに『自分は大丈夫 そんなヘマはしない』とゆー根拠のない自信があるんでしょうね。

        で「アルコール・インターロック」って、良さそうですね。
        泥酔して潰れた人間を助手席に乗せたら反応しちゃった…なんて事はないのかな?
        まにゃーな | 2006/09/11 8:25 PM
        ★まにゃーなさん

        >所によっては車通勤しか手段がなく、仕事帰りに「一杯ひっかけるだけなら…」から気が緩んで相当量の飲酒→飲酒運転を日常的にするようになる。

        埼玉の街構造というのも結構そうで、車で行動するのが普通になっている部分があるんですよね・・・。
        実際にこどものクラスメイトのなかには、その子の父親が飲酒運転に同乗していて他界してしまった・・・という事故もありましたし・・・。
        交通事故は家庭生活そのものを激変させてしまうのですが、飲酒運転というのは心がけ次第で防げるはずのものなので何ともやりきれないものがあります。

        「アルコール・インターロック」くらい強引なほうがはっきりした効果があがりそうです。
        nonkey37 | 2006/09/11 11:41 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/46
        この記事に対するトラックバック