クレイジーカンガルーの夏 / 誼 阿古 | Paradise City

Paradise City

<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << 検索窓を設置しました | main | U2 Vertigo Tour / Live in Japan 2006/11/30 >>

    クレイジーカンガルーの夏 / 誼 阿古


    クレイジーカンガルーの夏 
    誼 阿古


    家の事情、というものは所詮他人には分からないものなのだ 例え外からどんな風に見えようとも家庭内のことはそれぞれが負っていくしかないのだ・・・
    ということを、漠然と自覚したのは中学生の頃だったように思う。
    それはたぶん外部の人々に対して普通に自分の家庭の話をしたら、この物語のワンシーンのように
    「お前らんちって、一体いつの時代の人?」
    と半ば呆れて言われるのがオチだと気が付いたからで。

    先日刊行された「クレイジーカンガルーの夏」は誼 阿古(よしみ あこ)さんのデビュー作に当たる。
    都会でもなく田舎というわけでもない郊外の、旧来的イエ制度というのは厄介だ。旧来の大人たちは自分達にとって都合のいい封建主義だけを利用しようとするので、現実に生きなければいけない若い世代はその価値観のギャップに悩む。
    それでも確実に時代はバトンタッチされていくし、されなくてはならない・・・しかし、そのバトンタッチは必ずしも大団円に進められるわけではなく、様々な葛藤と軋轢を生み出しつつ、変わるものと変わらないものを馴染ませながら、ほんの少しずつ前に進むのだろう。
    ライトノベルというカテゴリのなかで、著者はよくこの「実感としてわかってもらいにくい家庭環境」を背景に少年の成長を描ききったものだ。

    主人公を取り巻く家庭環境はどことはなしに私の生家と似た部分があって、時代錯誤な大人たちに苦笑させられるシーンがいくつか。
    大きく違うところは、私の生家が斜陽とはいえ工業系の自営業だったことと、ニ人兄弟ではなく一人娘だったということか。
    主人公の兄に注がれる期待と理不尽なプレッシャーは、だから肌で理解できるものがあり「東京の私立ばかり受験した」という描写にも笑ってしまった。重苦しい「イエ」の空気から円満に合理的に離れる方法は無いものか・・・と行動すれば、自ずと取る行動だから。
    イエとか親に反発してツッパリになることの出来る子供というのは随分甘えてるよな、と当時実家に居た頃には思ったものだった。そんな風な道を選ぶことも叶わない世界も世の中にはあるのに・・・という感覚は今も根強く染み付いていて、ツッパリを主人公にした漫画や歌詞やテレビドラマのあれやこれやに共感することは殆ど無い。
    また地域的なものもあるかもしれないが、私よりもちょっと上の世代は「校内暴力」まっただ中で、その名残がある中学校の雰囲気はまだ荒れていて好きではなかった。
    授業中に騒ぎ、立ち歩き、校内を我が物顔で振舞うツッパリたちの行動など、ただただ鬱陶しかった私だったので彼らのスタイルに共感できるわけがないのだが。ただスタイルとしての派手さはインパクトがあるので色んな素材に使いやすいのだろうとは思う。でもそんな生徒はやはり少数で、殆どの生徒はこの作品に出てくるような「普通」な子供たちだったのだ。
    荒んだ学校など面白くない、家に帰るのもいや・・・という中学生時代を自分がどう過ごしたかという話はとりあえず置いておくとして。

    ある意味で結婚は束縛であるというイメージは一般的にあると思うのだけれど、少なくとも結婚して家庭を持つということは私にとっては確実な解放だった。少なくとも法的にイエの管理下に置かれることはなくなるのだから。
    家庭を築くという事は、社会的に独立した存在と認められるためには好都合な部分もあるのだ。だから家庭を破綻させるようなことは絶対にしてはいけないと結婚当初から思っていたし、母に自分の家庭内の愚痴を言ったこともなかったりする。それは自分の選択の敗北だったからだ。

    子供のうちはとりあえず努力次第で色んな選択肢があるのだが、大人になるにつれ選択肢は狭まり自分が選び取ってきたものだけが増えていくことになる。そうなった以上、自分の選択に如何に負けないで生きていくかという意地は持っていたほうがいい。そうはいっても「選択に負けない」ということが必ずしも決めたことをやり通すということと同義ではなくて。
    主人公の広樹が最後に自分で決めた選択は独立した大人としてのそれであり、そこに至るまでの道程にも興味をかきたてられる。

    少年時代に聴いた音楽とか見ていたアニメとか読んだ小説とか色々、それら全てがかけがえのないものとして描かれていて愛情ある描写が居心地良い。1979年が舞台の作品で主人公が気に入るのは「はっぴいえんど」好きなアニメは「ガンダム」兄の部屋から流れてくるのはイーグルスやクラッシュ サザンの「いとしのエリー」・・・・
    思春期に「それがあったから生きてこられた」という音楽とか漫画とか映画が「在る」ということは本当に幸せな時間だし、いまの中学生にこそ、そういった存在が必要なんではと改めて感じさせられた。

    逆に言えば、昔の作品のほうが求心力があったということなんだろうか。生きていないと、続きを見ないと人生損をするというような存在が減ったのか。
    自殺をするこどもが増えたということは勿論直接的な原因が最大だとは思うのだけれど、生きる支えになれるようなアーティストやクリエイターが減っているというシグナルのような気もする。視野を広げれば夢中になれる対象にも出会えるはずなのに、そのきっかけをつかめないでいるだけなんだと思う。

    大人になった広樹にとってカーラジオで流れてきた「はっぴいえんど」はきっと彼にとって唯一無二のものだったろう。
    そんな音楽は、きっと誰にでもあるはずなのだ。
    0
      [本] 小説・短編 | permalink | comments(8) | trackbacks(2) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        親の過度な期待の結果として、
        ヤンキーでは無くロックンロールを選んだ私には、
        思わずニンマリしてしまうようなエントリ(笑)

        自分が無力で、親の庇護無しには生きていけないと
        知っていたから、当時は早く大人になりたかったの^^
        大人になれば何でも出来るようになれると思っていたから

        あのころに出会った様々なもの(音楽を筆頭に)に
        救われたことは沢山あって
        だからヒーセの「ロックに救われた。それ故にロックを心底愛している」という言葉には
        思わず泣けてきたりもして(笑)

        >生きる支えになれるようなアーティストやクリエイターが減っているというシグナル

        >視野を広げれば夢中になれる対象にも出会えるはずなのに、そのきっかけをつかめないでいるだけ

        ね、ホントそう思う
        生きる支えは、誰かに与えてもらうものでは無くて
        自分の命で掴み取るものなのにね
        自分の力で手に入れるからこそ、いつまでも命のどこかで
        ずっと輝いているのにね

        みっちぃ | 2006/11/27 4:51 PM
        ★ みっちぃさん

        >「ロックに救われた。それ故にロックを心底愛している」

        hironoさんやヒーセのロンドンブーツナイト関連のエントリもそれがひしひしと伝わってくるようでした。
        ああいう「熱さ」いつまでも持っていて欲しいです。

        >生きる支えは、誰かに与えてもらうものでは無くて
        自分の命で掴み取るものなのにね

        うん そう思います。たとえそれ自体が茨の道でも誰も手助けできないことってあるし・・・。
        その輝きに気付くことなく生き急いでしまう子が増えているというのは、あまりに勿体ないです。
        nonkey37 | 2006/11/28 4:35 PM
        ご無沙汰しておりますです。
        実は、手元に3冊ほどあるにはあるんですが(笑)、何度も読もうとして開いては閉じを繰り返してます。バカですねぇ、私。
        読むのが勿体ないような気もするですが、読まないのはもっと勿体ない。
        十分ドキドキ感は味わったので、そろそろ覚悟決めて読みたいと思いますです。
        そんなカンジなので、このエントリにはまた改めてコメントさせてもらうかもしれません。
        以上、コメント予約(?)でしたっ。
        まにゃーな | 2006/11/30 5:20 PM
        ★ まにゃーなさん

        >読むのが勿体ないような気もするですが、読まないのはもっと勿体ない。

        まにゃーなさんはもう読まれたかな〜(もうすぐBlogのエントリになるかも!)・・・と密かに思っておりましたが、そういうご事情でしたか。
        コメント予約、確かに承りました(笑)楽しみにしておりま〜す♪
        nonkey37 | 2006/12/01 7:06 PM
        予約から半月経ってしまいました(汗)

        >コメント予約、確かに承りました(笑)楽しみにしておりま〜す♪

        ありがとうございます♪でも、大した事書けないんでアレですが…。

        で、この「旧来的イエ制度」ですか?いまいちピンと来なかったのですが、読んでいて何となくどんなものか分かった気がしました。ニオイを感じたというか。

        >イエとか親に反発してツッパリになることの出来る子供というのは随分甘えてるよな

        ですね。私は「旧来的イエ制度」に縁もないし真ん中っ子の次女なんで何も期待されては来なかったんで、別の部分でそう感じていたのですが。
        私は普通にしてたのに見た目でツッパリもどきに分類されがちだったので、そのテのコたちとも付き合いがありましたけどね。自分では「集団生活」がニガテで縦社会には馴染めないと思い込んでいるようでしたが、ゾッキーなんてモロに縦社会だし、一般の社会よりうーんと上下関係も厳しい上に相当理不尽です。
        例えば「16歳になったらパンチにしないとイケナイ」とか(笑)

        大人たちの言いなりにはなりたくないとか言いつつ、先輩の言いなりになってるんだから笑えます。
        色々ともっともらしい事を言っても結局は頭使って立ち回るより、暴力で解決したりする方が楽なだけなのだろう…と。
        「イエとか親」に対する反発というよりも、努力の放棄ですかね?
        私も努力してなかったんで、彼らと大差ないですが(恥)


        >主人公の広樹が最後に自分で決めた選択は独立した大人としてのそれであり、そこに至るまでの道程にも興味をかきたてられる。

        同感です。気になって気になって仕方が無い(笑)
        登場人物それぞれが生き生きしていて魅力的なので、皆のその後も気になります。

        纏まってなくてスミマセン(^^;)
        まにゃーな | 2006/12/15 2:14 AM
        ★ まにゃーなさん

        >大人たちの言いなりにはなりたくないとか言いつつ、先輩の言いなりになってるんだから笑えます。

        あ、そういうことになっちゃうのか(笑)
        集団の一員になってしまって不自由であるという面では「イエ制度」に通じるものがありますね。結局小さな村社会を作る側になっているわけだし。
        そういう場所には個人の尊重とかってないんですよね。常に長いものには巻かれろになってしまう。
        ムラ的コミュニティのいいところも色々あるんですけどね。完全な個人主義もしんどいし。

        >登場人物それぞれが生き生きしていて魅力的なので、皆のその後も気になります。

        そうそう(笑)
        特に洌史の・・・彼のその後の物語が気になるんですよね〜。
        nonkey37 | 2006/12/16 9:46 AM
        やっと感想書けたのでTBさせてもらいました。いや〜おもしろかったですねえ、本当に。次回作も楽しみです。
        kingdow | 2006/12/26 6:16 PM
        ★ kingdowさん

        TBありがとうございました♪
        コメントはそちらでさせていただきます〜
        nonkey37 | 2006/12/27 9:41 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/60
        この記事に対するトラックバック
        いろんな意味で近い − 第一印象はそんな感じ。乱暴にいうと男子中学生たちのある夏の物語なんですが、時代設定が79年で中一というのは自分よりも少し下(私は主人公広樹の兄と同じくらい)なんで、あの時代の文化には深い思い入れがあるし、舞台が今自分が住んでいる所
        クレイジーカンガルーの夏 / 誼 阿古 | キング堂 ブログ支店 | 2006/12/26 6:13 PM
        クレイジーカンガルーの夏 著:誼 阿古 イラスト:藤本 みゆき 出版:ソフトバンククリエイティブ ISBN : 4797337834 Amazonの製品紹介ページにTBできるっぽいです。わざわざアチラにレビューを書くのは気が引けるけれど、自分トコに書いた感想をTBさせてもら