童夢 / 大友克洋 | Paradise City

Paradise City

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << もともと計画的なタイプではなかったとはいえ・・・ | main | 音楽を共有するということ(←字で書くと大袈裟) >>

    童夢 / 大友克洋

    BRUTUSに大友克洋が(キング堂 ブログ支店)
    というkingdowさんのエントリで久々に「今の」大友克洋氏の絵を拝みました。

    BRUTUS (ブルータス) 2007年 1/15号 [雑誌]
    BRUTUS (ブルータス) 2007年 1/15号 [雑誌]

    おおっ オサレな表紙でカッコいいなー!
    肝心の特集のほうはアレでも表紙がこれならインパクト抜群かもしれない。

    カップヌードルの宣伝なんかでたまに大友氏のキャラにはお目にかかってましたが、こんな見せ方は勿体ないよなと常々思っておりました。
    まあ何してもカッコいいのはカッコいいんですけどね・・・なんていうかカップヌードルじゃなくてもいいのにとかCMじゃ短すぎるじゃんとかつい色々頭をよぎるわけで。

    私が大友作品で一番好きなのはコレ。

    童夢
    童夢
    大友 克洋

    1980-81年にかけて執筆、単行本としては83年に発表された「童夢」。
    「気分はもう戦争」や「ハイウエイスター」等々の作品で卓越した画力と個性を持った漫画家と評価されていましたが「童夢」はそれら作品の集大成を兼ねた会心の出来だったと思います。
    初期作品の若者の貧乏臭さとか汗の匂いとか生活感溢れすぎの部屋とか、あのへんは何となくつげ義春っぽい暗さとアジア的湿気が漂っていたもんですが「童夢」は団地が舞台。
    無機的な巨大団地のなか、人々は大勢居るはずなのにどこか孤独。ひんやりとした都会の
    空の下、超能力の闘いが行われます。それも老人と少女の間で。団地でのサイキック・アクションは革新的な表現で圧巻。日常に潜む非日常・崩壊する世界・心理的恐怖。こんな緊張感ある作品ほかに見たことないです。
    人は老いるにつれ幼児に近くなっていくといいますが、ここに出てくるチョウさんは一種のアダルトチルドレンなのだという説を頭の隅に留めたまま読むとまた違った側面が見えてくる気が。

    超能力もの漫画というと大概が哀愁漂うイケメンヒーローなエスパーとか、複雑な生い立ちを持った美少女とかがまあ一般的にウケる設定だったりするものですが、「童夢」では一人は老人だし対峙する少女は見かけがリアルにこどもすぎるし、あんまり可愛くない(爆)
    大友氏はかわいい女の子が描けない作家だったのだこの頃は。初めて「AKIRA」のケイを見たときは「大友さん、頑張ったね・・・!」って思いましたもん。
    それにしても「AKIRA」は単行本では4巻までは1年に1冊のペースで出していて、それでもファンにとっては長い待ち時間だったのですが、4巻から5巻までは連載休止を挟んだため3年という歳月が流れてしまいました。(そのあとの最終巻6巻まで、また3年)

    ・・・・。

    途中にアニメ映画の製作に関わったのが主な原因なんでしょうが・・・ううむ。
    それでも映画は試写会で観ることができたのですが・・・観終ったあとは微妙だったです。
    漫画が完結していなかったため、どんなラストにするかは苦心したのでしょうきっと。
    それがどうも無理のある持って行き方だったので映画としてはちょっとね。
    漫画をちゃんと完結させてから「デスノート」みたいに前編後編に分けて映画化するとかすれば良かったのにと思う。
    それでも映画「AKIRA」は大きな影響を及ぼしたみたいです。
    これはアニメ化された漫画全部に言えますが、アニメになるとどうしても演出過剰になりがちで漫画が持っていた間合いみたいなものが消されてしまうんですよね。

    ともかく、1巻でストーリーがきっちりと読み終えられる「童夢」の読後感は濃いです。
    そりゃあ「AKIRA」も一気に通しで読めばもっと印象深かったのかもしれないのだけど、リアルタイムで3年待たせられるというのは辛いものがあったぞ・・・・・・。

    大友さん、またじっくり長編漫画描いてくれないかなあ。
    0
      [本] 漫画 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        私も「童夢」は大好きですが、大友、長編漫画……難しいだろうなあ。
        というか、大友は元々映画作家になりたくて、漫画はそのための「過程」だった人ですからねえ。「AKIRA」にしても本来、映画で撮りたくて、そのための話題作りと資金集めに連載してたわけですし。
        あの終わり方は当時としてはあれ以上やりようが無かったと思うし、大友としても実はあれが限界なんだと思っています。それで、他の映画観ても、今も「その限界」が大友の中にある気がするんですよ。というか作風は元々元祖「やおい(山なし、落ちなし、意味なし)」だしなあ(藁)。
        acoyo | 2006/12/23 11:23 AM
        TBありがとうございます。「童夢」はいろいろ思い出があって、もうコミックスは数年買っていなかったのに、スポーツ新聞に載っていた広告を見てピンときて本屋に走ったこととか、5千円もする豪華本(大きいだけという声もありましたが・・・)を置き場所に困ったので「まんだらけ」に持って行ったら1万円で買ってくれたとか(ちなみに売値は2万円でした)

        「AKIRA」のブランクはつらかったですね。私はコミックスになるのが待てずにヤンマガ買っていました。でも連載で数ページ読んでもちっとも面白くないんです(苦笑)

        私は大友の絵が見れたら内容はどうでもいい(←ほんとうにいいのか?)ので、長編じゃなくても、とにかく何か描いて欲しいです。
        kingdow | 2006/12/25 4:57 PM
        ★ あこさん

        先日はクリスマスカードありがとうございました〜♪
        感激でした♪

        >大友は元々映画作家になりたくて、漫画はそのための「過程」だった人ですからねえ

        そうだったのですか〜
        映画版「AKIRA」の入れ込みようは尋常ならざるものがあったので、映画やりたかったんだなあとは思いましたがそこまでとは知りませんでした。

        >あの終わり方は当時としてはあれ以上やりようが無かったと

        確かにそうなんですよね。
        私は漫画版の結末のほうが救いがあって余韻もあって好きなので、ついそっちで観たかったとか思ってしまうのです。

        >作風は元々元祖「やおい」

        あはははは(爆笑)
        やおいという言葉が妙な方向に行ってしまったのは「キャ○テン翼」以降なんですかね(爆)
        nonkey37 | 2006/12/25 10:46 PM
        ★ kingdowさん

        TB送りっぱなしで失礼しました〜(汗)

        >5千円もする豪華本(大きいだけという声もありましたが・・・)を置き場所に困ったので「まんだらけ」に持って行ったら1万円で買ってくれたとか

        そんな豪華本出てたんですね〜!
        かなりレアものじゃないですか?
        「童夢」を大型本で読みたくなる気持ちは分かります。やっぱり絵が凄いですし・・・。
        でも置き場所に困るってどんだけ大きかったんでしょうか?(笑)

        >コミックスになるのが待てずにヤンマガ買っていました。でも連載で数ページ読んでもちっとも面白くないんです

        あはは そうですよね(笑)
        私もたま〜にヤンマガを覗きましたが、続けて読まないと流れが掴めないっていうか・・・鉄男がキレてるだけの描写しか載ってなかったりするともう全然話がわからない(爆)

        >長編じゃなくても、とにかく何か描いて欲しいです。

        彼以降にフォロワーが続々と出ましたが、大友氏は唯一無二の作家だと思います。
        描いてくれるといいですよね。
        nonkey37 | 2006/12/25 10:57 PM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/75
        この記事に対するトラックバック