銃と薔薇とターミネーター | Paradise City

Paradise City

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |
    << 13 | main | きっかけの多様化はアリだと思う >>

    銃と薔薇とターミネーター

    ターミネーター2
    ターミネーター2

    昨夜、レンタルビデオで久しぶりに「ターミネーター2」を観てしまいました。

    何度観ても、この頃のシュワちゃんはタフでカッコイイです。
    (州知事さんなんかにならなくてもよかったのに・・・。)

    「ターミネーター」1は公開当時、B級SFを観に行くつもりで特に何の期待もせず映画館に行き、チープなのに迫力ある無駄の無いストーリーにド肝を抜かれたのでした。
    続編成功の稀有な映画としても「ターミネーター2」は高い評価を得ていた様子。
    少年ジョン・コナー役のエドワード・ファーロングは「スタンド・バイ・ミー」のリバー・フェニックスを彷彿とさせるような、面立ちの綺麗な子なんですよね〜

    まあ更なる2匹目のドジョウを狙った「T3」はもう全然ダメでしたが、この「T2」までは本当に傑作です。
    T3の何がダメってとにかくジョン・コナー役の俳優がミスキャスト。T2のジョン少年が成長したとは思えない不細工なルックスと未来のリーダーになるに相応しいカリスマ性や魅力などが皆無なところ。ヒーロー・アクションものでメインキャラに華がないって致命的欠陥でしょ・・・。本当ならエドワード・ファーロングが演じる予定になっていたらしいのですが、彼は子役時代からの色々なストレスでアルコール+ドラッグ中毒に苦しんでいたらしく降板して治療していたそうです。
    うーん、子役時代にスターダムに駆け上ってしまうと実生活で苦しむというのはリバー・フェニックスもそうだし、ドリュー・バリモアもそうだし、ハリウッドの子役の宿命みたいなものでしょうか・・・。


    ところで、ターミネーターのシュワルツェネッガーがジョンを初めて助けるシーン、プレゼントの箱から銃を取り出すときに箱から薔薇が床にこぼれ落ちるのに思わずにやり(笑)
    「Guns And Roses」ね・・・

    こういう遊び心のあるシーンからも、当時のGUNSが如何に飛ぶ鳥を落とす勢いだったかが窺えます。
    「ターミネーター2」主題歌はGUNSの「You could be mine」なんですが、GUNSのPV集「Welcome to the Videos」には残念ながらこの曲入ってません。
    映画との権利関係の問題なのかもしれませんが実に惜しいなあ。

    そんな不遇のPVも今やYoutubeで観られるようになり有難い限り(嬉泣)
    薔薇がこぼれ落ちるシーンも勿論入ってます。


    Guns N' Roses - You could be mine


    この映画公開時は1991年。「Use Your Illusion I」「Use Your Illusion II」が2枚同時リリースされたのと同じ年です。
    今の音楽レビューなんかではよく「90年代はグランジの時代だった」なんて言いますけど、どうもぴんと来ないものが付きまとうんですよね。
    ・・・そんなんだったっけ・・・?
    ロック評論家が書き立てる「ロック史」みたいなもんは現実感とちょっと違うっていうか過剰表現が胡散臭い と私は思う。音楽評論家たちの話というのはもっともっと昔からそうか。
    後から書かれたものを読むと如何にもそれが伝説的だったかのように描き出されているけれど、そのときにリアルタイムで聴いていたロックファンとは微妙に温度差があるような気がするんですよね。
    いつの世も「伝説」みたいな話があったほうが何かと都合がいい人たちが居るのかもしれない。
    0
      [思うままに] 映画あれこれ | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | pookmark |

        この記事に対するコメント

        2はTVでもよくやってましたよね。
        当時14歳だったエドワード・ファーロングも、お父さんだもんなぁ。エアロのPVやアメリカン・ヒストリーXの頃は永遠に少年のままな気がしていましたけど、最近の写真を観たら結構人相が変わっててビックリ(全然変わってない方が怖いかもですけど)。

        3は、ダンナと一緒に観始めたものの、途中で見る気が失せてダンナ一人鑑賞になりました(^^;)
        あの彼は本当に『T2のジョン少年が成長したとは思えない』です。

        >子役時代にスターダムに駆け上ってしまうと実生活で苦しむ

        ホームアローンのあのコも父親ががめつくて干されたんですよね、確か。
        ハリウッドスターとは比べ物にならないですけど、ウチの親戚にも子供時代に人気TVドラマに出たはいいけれど、その後がちょっと…なのがいます。そのヒトのおかげで、幼い頃から「芸能界はコワイトコロだぞ」的なイメージを植え付けられてます(-_-#)
        まにゃーな | 2007/01/29 6:23 PM
        ★ まにゃーなさん

        「デトロイト・ロックシティ」ではちょっと冴えないロックキッズの役をやっていましたが、エドワードだとすぐに気付かなかった私(汗)
        いやあ、T2の頃は大きくなったらクールなイイ男になるだろと思ったんですけどね〜・・・元々の作りはいいんだから、磨けば光るんだろうけど・・・って「デトロイト・ロックシティ」はそういう役柄だったのかもしれないですが(笑)

        T3は・・・観ないほうがいいですよ〜
        あれは「続編として絶対やっちゃいけないこと」をしてしまったと思う。あれじゃコケるよ〜(爆)
        ラストのオチが後味悪いんですよね。映画の「余韻」というものがないっていうか。「いや、そりゃナシだろ!」って結末はもうただただ苦笑ものです((^^;

        >ホームアローンのあのコも父親ががめつくて干されたんですよね、確か。

        そうだったんですか〜
        あの子もかわいかったのにな・・・天才子役とまで言われたのに・・・。
        子役の場合は周囲の大人がきちんとケアしてあげられないと難しいのかもしれませんね。
        神木龍之介くんがいい俳優に育ちますように!と願ってしまいます。彼の場合は大丈夫な気がしますが(何となく)
        nonkey37 | 2007/01/30 10:35 AM
        公開当時この映画観てガンズのファンになった友人がいます。
        「映画観た」のに、出演俳優や監督じゃなくバンドのファンに。
        俳優たちの立つ瀬ないじゃんwと当時の彼氏に突っ込まれてました(笑)。
        いまや立派な母になった彼女は、今もガンズ聴いてます。
        エドワードの容姿の変化(笑泣)といい、時は流れているとしみじみ・・・。

        DRCのエドワード、あの<ぽっちゃり>にひっくり返りそうになりました〜。
        それにしたってT3のジョンには「ありえねー」と思いました。
        なんで大人になってそんなブサ○クになっちまうんだよ、と( ̄▽ ̄;)。
        ぴーこ | 2007/02/02 12:28 AM
        ★ ぴーこさん

        >公開当時この映画観てガンズのファンになった友人がいます。

        おおお そんな御人がおられるのですか〜

        正直言って、私はこの曲「映画音楽」としては浮いてる という印象があったのですよね。ガンズの曲って好き嫌いがハッキリ分かれるっていうかアクが強いんで、映画の挿入歌には合っていない気がしてました。
        かえってそれが曲を際立たせたんだとしたら、ガンズの抜擢は当たりだったんですね(笑)

        >DRCのエドワード、あの<ぽっちゃり>にひっくり返りそうになりました〜

        ですね〜〜〜((^^;
        アクセルの体型の変化にもひっくり返りそうになったことがありますが、そんなところで一致しなくてもいい!(爆)

        >T3のジョン

        ルックスもキャラの性格も激しくイメージ違いましたよね。
        アレはいくらなんでも、もう作品として別ものでしょう(汗)
        ジェームズ・キャメロンはパート3には反対していたということなので、「2」までで綺麗に終わらせておいて欲しかったところです。
        nonkey37 | 2007/02/03 11:22 AM
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://paradise-city.jugem.jp/trackback/86
        この記事に対するトラックバック