[Rock] U2 | Paradise City

Paradise City

<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

名前を呼びたい

itunesのプレイリスト機能なんてCD焼く時にしか使用しないんじゃ?と、プレイリスト編集にあまりマメではない(単にずぼらともいう)私は思っていたのですが、最近この機能の有難味を痛感しています。
U2が来日する前のオーストラリアでのライブのセットリストを日付別に編集し予習してたり、来日公演のセットリストを編集したりして。
さすがに現時点では「Miss Sarajevo」と「Window In The Skies」はプレイリストに取り込めませんが、ライブを反芻(妄想)するのにこんな良いものはないです!
惜しむらくは、ブランクメディアの容量が足らないためにセットリストを通しでCDに焼くことが出来ないってことですか。

ああ・・・今日観に行けないのが口惜しい。
いや1日だけでも行けて幸運だったんじゃん・・・でもさいたまアリーナだよ・・・すぐ近くなんだよ・・・とこんな夕方になっても頭がぐるぐるな私が居ます。

走って行くなら行ってもいいと言われれば、たとえチケット無くても今から走ってくのに。

とりあえず日常生活を送りながらも、夢の中にいるような感覚が抜け切れず、ついぼうっとしてしまうんですが、何かアルコールが抜けきらないみたいにライブの余韻があとを引くというのはものすごく久々な感覚です。もうこんな感じって味わえないんじゃないかと思っていたのですけどね。いくつになってもこういう感覚になれるライブはあるんだなあ・・・だからROCKとかライブは麻薬なんだよなあ・・・

今更ですがモンスター・バンドというのは、素晴らしいライブ・バンドであることとイコールで結ばれると思う。
私はライブでミュージシャンの名前を大きな声で呼ぶとかホントしないほうなんですけど、今回は何度も「Bono!」と叫んでたし・・・。
でも声に出して名前を呼ぶ事ができるというのは素直に気持ちがいいです。大好きな人の名を大きな声で呼びかけることができるというのは、それだけでとても幸せな気分になれますね。簡単なことのようで、意外と叶わないことじゃないでしょうか。

そんなわけで今日行けない気持ちをこの場で語らせていただきました。
うん、ちょっと落ち着いたかも(笑)
0
    [Rock] U2 | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

    U2 Vertigo Tour / Live in Japan 2006/11/30


    City Of Blinding Lights
    Vertigo
    Elevation
    Until The End Of The World
    New Year's Day
    Beautiful Day / Blackbird (snippet)
    Angel Of Harlem
    The First Time
    Sometimes You Can't Make It On Your Own
    One Tree Hill
    Sunday Bloody Sunday / Rock The Casbah (snippet)
    Bullet The Blue Sky / When Johnny Comes Marching Home (snippet) / The Hands That Built America (snippet)
    Miss Sarajevo
    Pride (In The Name Of Love)
    Where The Streets Have No Name
    One

    Encore(s):
    The Fly
    Mysterious Ways
    With Or Without You / Shine Like Stars (snippet)
    Window In The Skies
    Desire
    All I Want Is You

    at さいたまスーパーアリーナ
    Setlist By U2 VERTIGO TOUR.com

    昨夜、参戦してまいりました。
    今回のライブはカメラ持込が緩やかに許可されていたので、ライブ画像は当日撮ったものです。

    そもそも去年の秋頃に「もうすぐU2が日本に来るはず!」と騒いでいた私。4月の来日も延期になり1年ほど待ち時間がありましたが、待った甲斐がありました。
    チケットはAブロック1900番台。どんな感じかな〜と思いながら会場入りしてビックリ。セットの花道(Ω型の奴です)がAブロック後方までをカバーしていてアリーナの半分までせり出している感じ。スタジアムで使うセットをそのまま持ってきたということなので、ホントにでっかいです。その分観客との距離感が凄く近い。
    中央ややエッジ寄りのほうにポジション取り。観客の年齢層も高めだし、いくらオールスタンディングとは言ってもいくらか落ち着いて観られるかな?とか思っていたのですが、甘かったです。ライトダウンし「City Of Blinding Lights」のイントロが流れ始めた途端、潮の満ち引きが起こったかのようにすうっと空気が変わり人の波が押し寄せてきました。もう前方は満員電車モッシュ状態(爆)
    とりあえずHR/HM畑でライブハウス通いしていた私は経験上生き残る自信があるからそんな場所に居るわけですが、免疫の無い方には絶対厳しいです。2曲目のVertigoの時点で、倒れて前の柵から救出されたひとも数名居たらしいし(そのヒト大丈夫だったかな?)。
    Elevationあたりまでは過酷な状態でしたが、以降はそれなりに安定したと言えるか?(微妙)

    U2 virtigo tour


    ホントね、待っていたファンがいっぱい居たんだな〜というのがひしひしと分かる反応で、皆よく歌う歌う。

    Edge

    エッジはあまり移動しないひとなので、よく見えました。
    かっこいいな〜。

    Adam

    うう、アダム、歳とったなあ・・・というのが第一印象(汗)
    彼は終始楽しそうにプレイしていたと思います。

    Larry

    ラリーは余り印象が変わりませんね〜。

    BONO

    ライブ終了後の話ですが、「BONO 髪切り過ぎ!」とぷんすかしてる女性が居て笑ってしまった。
    確かにステージに出てきたとき「え?」とは思ったけど(←思ったのかよ・爆)

    スクリーンに日本語で「共存」というメッセージが映し出され、「世界人権宣言」の条文が流れるなどU2らしい演出はあれど、基本的にはスクリーンとライトだけのシンプルなライブでした。
    私、個人的には、Sunday Bloody Sunday 〜Bullet The Blue Sky にかけての流れがもの凄く好きで。Bullet The Blue Sky のときにはもう感無量で頭が真っ白になりました。
    この中盤あたりのU2のライブというのは何となく革命広場のようなんですよね。ここは正しく「指導者のBONOに心酔し拳を上げる群集」という構図だと思うんですけど(汗)
    こういうカリスマ的なアジテーションを持って尚ROCKに昇華できるのって、今やU2しか居ないんじゃないかな。
    ジョン・レノン・ミュージアムがあるさいたまスーパーアリーナなので「GOD PART2」とかやってくれないかと密かに期待していたのですが、それはさすがに無かったです。

    BONOやエッジまでの距離は一番近いときで6〜7mで、まるで手を伸ばせば届きそうな感覚で・・・こんな距離でU2が観られるなんて信じられない気分です(もみくちゃだったけどそんなの平気)
    ここにUpした画像は全て夫がデジカメで撮ったんですが、よくあの凄まじいアリーナでここまで撮れたなと感心(注:フラッシュは一切使っていません)。
    自分でも「頑張ったよ!」って言ってましたが(笑)

    これ、せっかくなのでオンラインアルバムにまとめてみました。
    こちら→2006.U2フォトアルバム




    アンコールの際、スタッフのクレジットがスクリーンに映し出されました。こういうのもU2らしいよね。ライブを支えてくれている人々に対する謝辞をこんな形で表現されるのはスタッフも嬉しいでしょうね。

    終盤、BONOが「サイコウ」って言ってくれたのもすごく嬉しかったです。ライブのノリとして「サイコーだぜイエー」みたいな言い方じゃなくて、噛みしめるように穏やかに「サイコウ」って・・・こっちが涙出そう。
    BONOって日本嫌いなのかも・・・という噂は前々からありましたが、とりあえず私はそんな疑念は吹き飛びましたね。こんな素晴らしいライブを見せてくれ、新曲の「Window In The Skies」を「ソラノマド」と紹介して、日本でまず最初にプレイしてくれたのですから何というかもう。色んなことがどうでもよくなりました。

    「ヒサシブリニ・・・」と言って最後の「All I Want Is You」。
    サビを観客が歌う中、メンバーが一人一人ステージから去っていき、最後がラリーでした。

    生きていて良かった このライブに参加できて幸せだ と思えるライブって、実はそうそう出会えないものです。今回のU2のライブは圧倒的に素晴らしく、これからもずっと生きていけるという確かなエネルギーをたくさん貰えました。

    2006 11/30 U2


    U2のファンでいて良かった。
    あなた方がU2として存在してくれているそれだけで、生きていけるよ。
    0
      [Rock] U2 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

      「ZOO TV LIVE FROM SYDNEY」

      ZOO TVツアー~ライヴ・フロム・シドニー
      ZOO TVツアー ライヴ・フロム・シドニー
      U2

      先日深夜、もうすぐ発売予定のDVD↑ダイジェスト版(たぶん)をテレビ放映してましたね。
      AM2時40分からという放送枠だったのでタイマー録画して後で観ました。
      あらら・・・と思ったのは番組中何度も今回の来日公演のチケットについて宣伝すること。しかも「現在○時まで予約受付中!」・・・って・・・こんな時間にリアルタイムで観ているようなU2ファンは既にチケット持ってる可能性が高いんじゃ?(爆)
      もしくは行きたくても行けない熱心なU2ファンのひとなんでは・・・。
      午前3時前後なんて、ワールド・カップの生中継でもない限りテレビの為に起きてられないよ普通は。
      うーん・・・今回の公演チケットってば、そんなに余ってるのだろうか?(汗)・・・12月4日の分はSOLD OUTらしいですが・・・(心配)

      それにしても今回11月リリースされる「ZOO TV TOUR」ってDVD化されてなかったんだね。
      一番新しい「VIRTIGO TOUR」もDVDになってるし、POPMART TOURもELEVATION TOYRもDVD化されてたからてっきり「ZOO TV TOUR」もあるものと思っていたのは大きな勘違いでした。不勉強でスミマセン。
      ビジュアル面にかなりこだわった「ZOO TV」のライブがDVDになっていなかったとはちょっと不思議ですが、映像は当時のドームでのライブを思い出させてくれてかなり懐かしく見入ってしまいました。
      改めて観てみて、エッジがキーボードとギターを一人でこなしていたのにはビックリした(リアルなライブではそんなところまで観ていなかったのだ)。
      ライブのときにはキーボードはヘルプを呼ぶバンドも多いし、実際それをしないと演奏が成り立たないだろうなという場合だって多いし、それをしたからといって何もモンダイは無いわけなんだけど、あくまで自分達でプレイする姿勢には感嘆します。

      私は前回のU2ライブにはど〜しても行けなかったので、生U2はZOO TV TOUR 以来です。
      何年かに一度しか彼らを観られる機会は無いので、ホント楽しみ〜♪
      0
        [Rock] U2 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

        U2 「THE LYRIC HUNT( 歌詞探し )」キャンペーン

        U218

        世界各国の16のウェブサイトにU2の歌詞の一節が書かれたバナーが置かれます。バナーに書かれた歌詞の抜粋には、色が付いた文字がひとつありますので、これらの文字を集めてください。そして、集めた16の文字を使って、u2.comが出すクイズに答えてください

        クイズ(質問):どこに行こうか?(’WHERE SHALL WE GO?')

        バナーが置かれる16のウェブサイトのリスト(下記)は期間中ずっとu2.comで発表され、リンクが貼られています。
        UK ; Channel Four Music
        USA ; MP3.com
        UK - NME Magazine
        Ireland ; Hot Press Magazine
        Australia ; Triple M Radio
        Holland ; Telegraaf Newspaper
        Norway ; MSN
        Denmark ; BT Newspaper
        Spain ; 20minutos ; Free Daily Newspaper
        Japan ; Asahi News ; Sports, Asahi News - Culture
        www.u2.com
        Canada ; Dose
        Switzerland ; 20minuten ; Free Daily Newspaper
        Austria ; Osterreich ; Daily Newspaper
        Germany ; Laut.de ; Music Website
        Sweden ; TV4

        サイトによってはバナーが出ていないときもあるので、まめにチェックすることをお勧めします。
        世界中の正解者の中から抽選で1名様に、ヴァーティゴ・ツアーの最終公演(ハワイ、ホノルルのアロハ・スタジアム)のコンサート・チケットとホノルルへの航空券(宿泊付き)が当たります。

        さすがU2。懸賞企画もワールドワイド!
        上記のような内容でU2「THE LYRIC HUNT」キャンペーンってなものをやっているのですが、気軽にやり始めたのはいいもののドツボにはまってます・・・。
        日本の懸賞クイズなんかだとですね、答えはめちゃくちゃ簡単じゃないですか普通。っていうか答えはオープンにされてるという場合が少なくないですよね。
        懸賞付きクロスワード・パズルにしたって雑誌に載ってるようなのは難しくないと思うんです。
        そんなわけで「何だ〜 探すだけなら簡単じゃん!」と思い、始めてしまった私。
        しかし・・・世界各国の上記サイトから16個のバナーを見つけないといけないわけですが、まだ6個しか見つからないんですけど。

        この「THE LYRIC HUNT( 歌詞探し )」キャンペーンが難儀なのは
        サイトによってはバナーが出ていないときもあるので、まめにチェックすることをお勧めします。
        という、ただただこの一点です。
        出てないとこが多いんだよバナー!いつ出てるんだよ!(逆ギレ)

        やってみて思ったのですが、解読不可能な言語のサイトにアクセスしてバナーをチェックするという作業は、心理的な負担があるものなんですね。
        最初は何となく他国の雰囲気を味わえて「エキゾチック〜」とか思っていたのですが、日々チェックするとなると・・・。

        じゃあやめればいいじゃん ってだけのことなんですが、やりかけたら気になるというか意地になってしまって。
        でも今日27日・・・このキャンペーンの締め切りは11月1日・・・。
        私もチェックできるのは1日のうちせいぜい2〜3度だし・・・


        ・・・間に合うのか・・・?(←あんまり自信ない)
        0
          [Rock] U2 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

          U2 VERTIGO TOUR 延期公演決定 ! !

          Virtigo Tour In Anaheim

          U2VERTIGO TOUR延期公演の詳細が決定しました!

          さいたまスーパーアリーナ 2006年 11月29日(水)
          さいたまスーパーアリーナ 2006年 11月30日(木)
          さいたまスーパーアリーナ 2006年 12月 4日(月)


          だそうです。
          この延期公演、会場は東京ドームじゃないかという噂がちらほらあったので、さいたまスーパーアリーナとは意外でした。
          でも音質はドームよりこっちのほうが絶対良いはずなので、サウンド面を考えれば嬉しい。
          日産スタジアムと違って、うちからは一番近い(行こうと思えば自転車でも行ける・汗)アリーナなので楽ちんではありますが、野外スタジアムでのU2ライブが観たかったなあ。残念。まあ、冬の野外ライブはさすがにツライか・・・。
          今回のツアーでアリーナが会場だったのは北米ツアーのみだったそうな。その他は全部スタジアムだったのか(驚)
          というわけで上の画像はアリーナ・ステージだったアナハイムの時のです。

          先月中に払い戻しも無事終えたし(メールセンターに配達記録郵便で送ったり郵送されてきた振替証書を換金したり結構面倒だった)、優先販売案内の申し込みもしてあるので詳しい案内状を待とうと思います。
          0
            [Rock] U2 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |