Paradise City

Paradise City

<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    - | permalink | - | - | pookmark |

    HANOI ROCKS / 赤坂BLITZ 2009.3.16

    2009.3.16 - 赤坂BLITZ , 東京

    1.Tragedy
    2.Malibu Beach Nightmare
    3.Motorvatin'
    4.Boulevard Of Broken Dreams
    5.Street Poetry
    6.Fashion
    7.Gypsy Boots
    8.Until I Get You
    9.Obscured
    10.Hypermobile
    11.Highwired
    12.Power Of Persuasion
    13.Whatcha Want
    14.Cafe Avenue
    15.Self Destruction Blues
    16.Back to Mystery City
    17.A Day Late, A Dollar Short
    18.I Can't Get It
    19.Worldshaker
    20.Cheyenne
    21.Don't You Ever Leave Me
    22.Delirious
    23.Problem Child
    24.11th Street Kids
    25.High School
    26.Oriental Beat
    〜Encore〜
    27.This One's For Rock'N Roll
    28.People Like Me
    29.Taxi Driver
    30.Up Around The Bend


    最終日です。

    えーと、実は川崎のライブは行く事が出来ず・・・
    長女がインフルエンザに罹ってしまい、前夜40度近くあった娘を放っておくことも出来ず、直前にチケットを知人に譲り受けてもらったのでした。
    そもそも長女はDIR EN GREYの大阪ライブを観るついでに大阪の祖父母宅に遊びに行く計画を立てていたのに、インフルエンザのために全てご破算に。DIRは関西出身のバンドなので、地元で一度見てみたかったようで。大阪では友人と心斎橋に行ってショッピングして、ライブに行って・・・と楽しみにしていただけに可哀そうでした。インフルエンザでライブに行けなかったという経験は私にもあるので、その悔しさはわかるなあ・・・。

    そんなトラブルもありつつ、娘も快復したところで気合を入れて臨んだ赤坂でしたが、当日の午前中は息子の中学校の卒業式、午後も謝恩会と慌しく、夕食の支度をバタバタと済ませて慌しく飛び出したら、チケットを持って出るのを忘れてました(こんなん初めて・・・爆)
    取りに戻って再度出かけたので、赤坂ブリッツに到着したのは開場して30分近く経過してからでした・・・
    最後の最後にこんなヘマをやらかすとは・・・不覚です。(前置き長くてごめん)

    それでも、泣いても笑っても今日が最終日。あんまり実感わかないけど、最終日なのです。
    解散ライブって、もっと悲しい雰囲気になるもんなのかなと勝手に思っていましたが、新木場では普段どおりに楽しく元気ないつものHANOIライブだったし、解散なんてちょっと嘘でしょ、と言いたくなる雰囲気。

    信じられないけど、最後だから眼に焼き付けておかねば・・・と考えていたらば、ピストルズの「Anarchy in the UK」がSEで流れ一段階照明が落ち、観客の波が臨戦態勢に変化。
    暗転し、メンバーが現れ、Tragedyのイントロが。
    うわわ!1曲目にコレ!?もうやっちゃうのか!
    1stの1曲目だよ・・・と感慨深くなる間もなくMalibu Beach、Motorvatin'・・・と続くとまるで80年代HANOIを再現してくれているかのようで、そのとき観られなかったぶんを観せてくれているかのようで、時空がトリップしたみたいでした。

    Gypsy Boots、Until I Get You 、Whatcha Want、Cafe Avenue、Problem Child・・・これらは初めてライブで聴いた曲です。
    Don't You Ever Leave Meではマイケルがバラを撒き、曲の演奏中ファンが手に持ったバラが揺れて幻想的なバラードとなりました。(コニー側3列目に居ましたが、バラはGETできなかった・・・茎だけ触れました 笑)
    泣かせる演出してくれるなぁ・・・と思っていたら、ヘヴィナンバーDeliriousが!このギャップがハノイですよね〜。何てライブ栄えするかっこいい曲なんだろ・・・12shotsのこの曲を今回聴けるとは思わなかったので嬉しすぎ。

    アンコールではThis One's For Rock'N Rollもやってくれたし(欲を言えばTeenage Revolutionも聴きたかったけど)新木場とはかなり違うセットで、あっという間の2時間でした。
    30曲もやってくれていたんだね・・・メリハリがあって元気なパフォーマンスでマイケルの衣装替えもたくさんで・・・。いつも全力疾走、歌いまくり暴れまくりサックスを吹きまくりのマイケル。アンディもコニーもACも気合の入ったプレイで素晴らしすぎ。その凄さが「ほんとうにこれが日本での最後のライブだから」ということを証明しているかのような。

    ラストのUp Around The Bendが終わっても、客電が点いても、なかなか立ち去れないファンたちでした。

    これを書きながらも、分けてもらったパワーとエネルギーが蓄電されているようで、まだ解散ライブだったという実感がわかないです。涙も出ないし。最後なんてやっぱり信じられないんだよね。

    凄いライブだったなぁ・・・終わったあと自分も全力疾走したような汗だくだったのに、まだ全然疲れがきません。高揚がそのまんま疲れをいやしてくれたみたいな。
    でも、何か、あとで、そのぶんドーンとキそうな気もしますが・・・・。

    以下、ハノイライブ参戦記(自分の覚書を兼ねて)

    HANOI ROCKS Shibuya-AX,TOKYO 2Days Setlist(2005)

    HANOI ROCKS at 渋谷 クラブクアトロ(2007)

    HANOI ROCKS / 新木場Studio Coast(2009)

    Thank you.
    I love you.
    God bless you.
    マイケルは何度もそう言ってくれました。
    See you Again!
    には、ちょっと驚いたけど
    うん、いつでも復活していいよー♪ とか思ってました(笑)

    ソロでも、バンドでも、どんな形でもいいから、また姿を見せてください。

    Thank you.
    I love you.
    God bless you.

    See you Again.


    追記:POWER ROCK TODAYHPにジャパンツアー全公演のセトリがアップされています。
    HANOI ROCKS セットリスト

    JUGEMテーマ:ROCK
    0
      [Rock] Hanoi Rocks | permalink | comments(4) | trackbacks(1) | pookmark |

      HANOI ROCKS / 新木場Studio Coast

      Hanoi Rocks 新木場 2009

      2009.3.8 - 新木場Studio Coast, 東京

      1. Obscured
      2. Hypermobile
      3. Street Poetry
      4. Fashion
      5. Back to Mystery City
      6. People Like Me
      7. Power Of Persuasion
      8. A Day Late, A Dollar Short
      9. I Can't Get It
      10. Self Destruction Blues
      11.Worldshaker
      12.Boulevard Of Broken Dreams
      13.Andy Guitar Solo〜Don't You Ever Leave Me
      14.11th Street Kids
      15.Malibu Beach Nightmare
      16.High School
      17.Tragedy
       〜encore〜
      18.Oriental Beat
      19.Taxi Driver
      20.Up Around The Bend

      ※セットリストは、公式発表なわけではありませんので間違っていたらスミマセン
       
      初のスタジオコーストです。
      今回はまにゃーなさんみっちぃさんと共に参戦してまいりました♪

      前座はWesnesday13というバンド。一応軽く検索だけはしましたが、聴いたことなく・・・。だけど結構好きなひとは居られた様子でした。
      うーん・・・でもどうせなら北欧のロケンローバンドを前座にしたらよかったんじゃないでしょうか。何でこの組み合わせなのか、ちょっとよくわかりません。

      今回は解散ツアーですが、ライブは全く今までどおり元気なノリで楽しいし、そんな実感がまだ全然わかないんですよね。関東3Days参戦する初日だからかな?

      ライブ直前にHanoiGuysさんから「今回ライブでやってほしい皆のリクエスト曲」をBBSにて募集します!というメールマガジンが届き、ダメ元で長年聴きたかった「11th Street Kids」を書き込んでみたところ、ほかにも数人同じ思いの方がいらして。
      「ああ、この曲を聴きたいひとはほかにも居るんだなあ・・・でも、最近は全然セトリに入ってこない曲だし、無理かもしれないなあ・・・」と思っていたところ、後半に差し掛かった頃いきなり「11th Street Kids」のイントロが流れ、大感激でした。ちゃんとファンの声を聞こうとしてくれているんだなあとじ〜んとしてしまいました。
      まだハノイが再生していなかったころ、ライブアルバムの「燃えるロンドンナイト」を聴きつつ「ああ、これ、生で聴いてみたい・・・」と夢に見た曲。イントロのアンディらしいギターとマイケルらしいセンス炸裂なヴォーカル。
      ハノイより上手いバンドはいっぱい居るだろうけれど、この曲はハノイにしかできないだろうなと思う曲もたくさんあって。
      決してテクニック的には上手とは言えなくても(スマン・爆)ロックバンドのかっこよさってこうだろうと。

      この曲を聴けて、観られて、ライブに来て良かったと強く思いました。
      実際言うと、3Daysライブなんて、自分ではかなり無理を押しての参戦なので、躊躇した部分もあったりしたのですが、やっぱりこういうサプライズがあると「がんばって良かった・・・」と思わされちゃうんですよねえ・・・。

      次は川崎です。
      無理を押しての参戦は、この世代になってくるとみんな同じ。頑張ります〜。

      JUGEMテーマ:ROCK
      0
        [Rock] Hanoi Rocks | permalink | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |

        こういうのは選択肢が多いとちょっと困るかも・・・



        U2のニューアルバム「ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン」。
        一体どれを買おうかと迷っているうちにもう発売2日前になってしまいました。
        国内通常版の「ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン」と「ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン-Box Edition(DVD付)
        こちらは
        U2の通算12作目となる新作「ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン」が生産限定豪華BOX仕様で登場
        ●デジパック仕様
        ●写真家アントン・コービンによるアルバム曲を使用したミュージック・フィルムDVD付
        ●64ページのハードブック付
        ●ポスター封入

        とのこと。
        最初はコレにしようかなあと思っていたんですが、発売日が3月18日になってしまったのと特典が「写真家アントン・コービンによるアルバム曲を使用したミュージック・フィルムDVD」って微妙だよなあと・・・。
        コービンの映像は好きですが、私はU2のファンなんでコービンのファンなんじゃないですし(汗)そもそもPVってそれほど観ないし・・・。
        特典は普通に、ライブDVDにしてくれたほうが良かったなあ。そしたら迷わずBoxエディションを選択したと思う。

        ほかにも輸入盤には「No Line on the Horizon(DIGI PACK)」という34ページのブックレット付というものもあるようで・・・。
        このブックレットって国内盤には付いてないんだっけ?
        何だかいろいろあって分からなくなってきた・・・。

        昔みたいにシンプルにアルバムリリースしなくなったのっていつ頃からだっけ。
        CDが売れなくなっているからあれやこれやオマケを付け始めたんだろうなとは思うけど、もう少し分かりやすくして欲しいかも。

        結局、音が聴ければいいんだしなーと思い、国内通常版をやっと昨日予約しました。
        Boxエディションのハードブックがちょっと気になるけど(←まだ言ってる)ノーマルなものを買います。

        JUGEMテーマ:ROCK
        JUGEMテーマ:U2


        0
          [Rock] U2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

          合格報告

          先週、息子の進学先が決まりました。
          思っていたよりあっけなく決まり、嬉しい驚きです。
          公立高校の前期後期入試もトライする気でいたのですが、その前に推薦で第一志望の某高専に合格できるとは思ってもいなかった・・・大体、推薦基準をクリアできるかどうかも12月半ばまでわからなかったくらいだし・・・。
          推薦は内申が全てみたいに言われてもいたので、うちなんかは(ギリギリクリアな内申なので)不利だなーと思っていたのですが、当日の面接が和やかな雰囲気だったので「もしかしたら行けるんじゃないか」という本人の感触はあったらしいです。

          入試当日、たまたま一緒の電車で出かけた姉が、駅で温かいコーヒーを買ってくれたのだとか。
          いつもウルサイ賑やかな彼が何も喋らず黙り込んでいて、緊張しているみたいだなと思った姉が「何か飲み物買ってあげるよ」と声をかけてくれたらしい。
          普段は弟に「うるさいっ!」(っていうか実際に彼は騒がしい)とばかり言っているのに、こういうときに姉らしいことをしてあげるなんて優しいトコもあるじゃないかー。まさか姉がそんな声をかけてくれるなんて思わなかった彼はえらく喜んでいました。
          私はひとりっ子なので、こういう話を聞くと「きょうだいっていいもんだなあ」なんて思ってしまいます。

          高専は私服通学なので制服を着て登校するのもあとわずか。とりあえずはあと1ヶ月ちょっと、穏やかに過ごしてくれますように。
          0
            [思うままに] 日常の雑記 | permalink | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

            U23D:日本公開決定!

            U23D


            U2 : 最新3D技術で収録したU2のコンサートフィルム、ついに日本公開へ (BARKS)

            やっと日本での公開が決まったようです。→U23Dオフィシャルサイト

            長い間、詳しいニュースも出なかったし、日本はこのままスルーされるのかな・・・と思っていたので嬉しいですね。
            3月以降の上映館は随時発表されるみたいですが、首都圏だけじゃなくもっと全国規模で上映して欲しいです。BARKSでは「全国ロードショー」と書かれているので期待してましょう♪

            この2月にニューアルバムの「No Line On The Horizon」も出るので、それに合わせての公開決定なのかもしれませんね。

            JUGEMテーマ:U2


            JUGEMテーマ:ROCK
            JUGEMテーマ:U2


            0
              [Rock] U2 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |